豊中市の鍼灸整骨院・肩こり腰痛・整体・交通事故対応

身体のことでお困りなら私たちにおまかせください。

豊中曽根整骨院ブログ『肩こりと頭痛と目の疲れ』 128

2018.12.12 15:31

豊中市曽根周辺にお住いの皆様、こんにちは。ひまわり整骨院の馬場です。
時の流れも早いもので、もう12月です。街を歩けばキラキラと装飾されたツリーや、プレゼントを選ぶ子供の満面の笑み、そしてクリスマスが終わればもう年越しの準備をしなければと・・・1年間はあっという間ですね。今年は6月の大阪北部の地震、7月の豪雨、9月の台風や北海道の地震など、様々な災害がありました。現在も完全に復興しているとは言い難い状況です。いち早く復興を願い、来年は平和で健やかな1年になり、皆様が幸せな年になりますように。
さて今回のお話です!最近患者さんでも増えてきた肩こり。今回はその中でも「肩こりからくる頭痛、目の疲れ」についてのお話しです。

肩こりと頭痛と目の疲れ

最近、「どうして肩こりから頭痛や目の疲れがくるのですか?」という質問を多くいただきました。言われてみればわからないという方、いらっしゃるのではないでしょうか?そのメカニズムについてお話しさせていただきますね。
肩の筋肉が固まってしまうと、つながっている首の筋肉も固まってしまいます。そうすると身体から頭や目へ栄養を送る血管が、固まった首の筋肉によって圧迫されてしまいます。そうすると血管は細くなり、栄養が通りにくい状態になります。栄養があまりなく元気がない状態で、目を使ったり、頭を使うと疲れも多くなってしまいますよね。つまり、肩こりによって循環不足が起きてしまう事で頭痛や目の疲れが起きてしまっているのです。なるべく肩や首をまわしたり、ストレッチをして凝り固まった筋肉をほぐしてください。

こんな頭痛は要注意!

頭痛の原因のすべてが肩こりとは限りません。以下の症状が現れた方は医師の診断を受けた方がよいでしょう。
・吐き気、嘔吐を伴う頭痛
・頭の片側がズキズキと痛む、頭痛がくる前に目の前がチカチカする
・目がえぐられるような、キリで刺されるような痛み
・ハンマーで殴られるような痛み
上記以外でも、今までにない痛みを感じられた方は、お早めに病院へいくことをおすすめします。

他にも肩こりについて、もっと詳しく知りたい方はこちらをどうぞ!

tel:0668666161

交通アクセス

地図
Googleマップを見る
〒561-0804 
大阪府豊中市曽根南町1-22-8
06-6866-6161

診療案内

 
午前
午後
診療時間
午前 08:30 ~ 12:00
午後 15:00 ~ 20:00
木・祝祭日は08:30~12:00まで
(日曜日・年末年始休診)