PAGE TOP ▲

目線を変えると交通事故が違って見える2(池田警察に協力してもらって)

目線を変えると交通事故が違って見える2(池田警察に協力してもらって)

前回のブログ「目線を変えると交通事故が違って見える」があまりにも途中で終わったので、あまり時間を置かず続けてUPします。

 

では、読んで頂いたという事で

 

目は絶えず動いていますが、その動き方で交通事故に遭いやすい、遭いにくいがあるのではないかと

 

そこで、解剖学からの視点で前回は書き始めたのですが、正直いいますと

これは難しいんじゃないか?

いや、本音を言いますと

めんどくさくなりました!(ごめんなさい)

 

ってな訳で、実際に交通事故を管轄する池田警察署にアポなしリサーチをしました。

その前に池田交通安全協会にも伺ったんですが、やっぱり池田警察署に聞いて下さいということで

(資料をあれこれ探して頂いてありがとうございました!)

 

池田警察署の受付の方に

(失礼しました。窓口に座ってられますが、当然、警察官ですね)

 

「交通事故に遭い、ムチ打ちや腰痛、背中の痛み、手首、足首、膝・・・」

症状は人それぞれで一杯あるんですが、

 

●私「そんな方々の中でも治りやすい人と治りにくい人がいまして」

 

「事故でぶつかる方向によって、ケガの程度に差があると思うのですが」

 

「交通事故を分析した何か資料があれば見せてもらいたいのですが」

 

■警官A氏「そうですねぇ~、ちょっと担当の者を呼んできますのでお待ち下さい」

 

あら、ちょっと大ごとになってきた。

名医の医書シリーズ第15巻

「めまい、耳鳴り」

不快と不安を解消する

 を読むこと5分

交通課(おそらく)警察官B氏or警部補B氏or警部B氏(なんでやねん)

が現れ、私の横に座る

 

そして、丁寧に尋問が始まった(すいません、わざと書いてますのでお許しを)

 

■警察官B氏「いや~事故といってもいろんなケースがあってねぇ~」

 

●私「そうですよね~」

 

■警察官B氏「やっぱり止まっていて後からの追突事故と出会い頭が多いですね~」

 

●私「方向ってあまり関係ないんですか?大雑把でもいいんんで」

 

■警察官B氏「そこまで詳しい分析はないんじゃないかなぁ」

「ちなみに交通事故が多発する所がわかるマップが大阪府警のHPにありますよ」

 

かれこれ15分アポなしリポーターTに時間を割いて、丁寧に教えていただいた池田警察署の皆様、本当に有難うございました。

 

結果的には私の仮説は証明できませんでしたが、交通事故でケガをされた方を治療することで何か発見があれば、またレポートします!

池田市での交通事故治療 さつき鍼灸整骨院にお任せください。

さつき鍼灸整骨院

072-753-0855 土曜18時まで 祝日も診療

〒563-0055
大阪府池田市菅原町11-4
072-753-4137
月~土 9:00-12:30/16:00-19:30
※土曜日 18:00まで
休診:日曜日・木曜日 / 祝日
※祝日週の木曜日は通常診療