豊中市の鍼灸整骨院・肩こり腰痛・整体・交通事故対応

86 豊中服部ひまわり整骨院ブログ「腰痛予防は身体の使い方」

2017.05.30 15:14

腰痛予防は身体の使い方

ひまわり整骨院服部院長の北川です。
当院には、ウォーターサーバーを置いています。
このウォーターサーバーの水は、便利で美味しいです。
別に宣伝ではないですよ(笑)
ただご存知の方もたくさんいらっしゃると思いますが、少し難点なことが・・・。
そうです!
それは交換作業です!
けっこう重たいんですよね。
確か1本20リットルぐらいあるでしょうか。
先日交換する際に、特に何も考えずに持ち上げたところ腰に嫌な衝撃がはしり同時に強い腰痛が出現!

 

こんな姿勢でギックリ腰になりました


この写真のような感じで、持ち上げました。
もう腰痛を引き起こす典型的な悪い姿勢です。
一般的にギックリ腰というものですね。
一言で表すと中腰の様な状態です。
中腰の状態で、作業を行うと腰への負担がとても大きくなってしまうのです。
当院でも、こういった原因でギックリ腰(急性の腰痛)になり、来院される患者様が多くいらっしゃいます。
ギックリ腰のような腰痛は、身体の使い方が原因であることがほとんどです。

 

ギックリ腰にならない身体の使い方

腰は、字を見てもわかるように身体の「要」です。
腰に負担の少ない使い方をすることで、身体全体の調子も良くなります。
それでは腰に負担の少ない姿勢を紹介します。

この写真のような状態が腰に優しい身体の使い方です。
最初に紹介した腰痛を起こしやすい悪い姿勢の写真と比べて良い悪いのポイントがあります。
それはしっかり「屈むこと」です。
膝を曲げ身体を低くして、物を持ちあげたり拾ったりすることなのです。
しかし日常ではついつい、中腰姿勢でパッと動作をしてしまいます。
中腰での動作を減らすことがポイントです。

 

なぜ姿勢を気をつけると腰痛予防になるの?

膝を曲げ体勢を低くすることで、腕の力だけでなく身体全体の力を使えるのです。
よって身体にかかる負担が腰だけに集中せず分散されることで腰痛を防げるのです。
実は物の重さは関係ありません。
腰の状態が悪い人はクシャミや咳でも痛めます。
クシャミや咳でも「屈む」だけで腰の負担は減ります。
この低い姿勢を徹底するだけで、多くのギックリ腰や腰痛は予防できます。
ぜひ心かげてみてください!
腰の治療は早めの処置と適切な処置が重要です。
そのため、もし腰痛やギックリ腰になってしまった場合はひまわり整骨院服部院にまずはご相談ください。

 






85 豊中服部ひまわり整骨院ブログ「交通事故で当院へ来られた際の流れ」

2017.05.24 19:48

みなさん、こんにちは。
帰省する時はバス派の北原です!
前回は応援するプロバスケットボールチームの1部リーグ昇格の喜びを書かせていただきました!

バスに乗っていると高速道路で事故をしている場面をよく見ます。
特に接触事故や追突事故などの交通事故を目にすることがとても多いです。
見通しの悪いトンネルの中で無理な追い越しや、渋滞でのイライラによるスピードの出し過ぎなど注意して運転しないといけませんね(>_<)
そこで今回は「交通事故」について、「どのような事故で来たらいいのか」また「当院へ来られた際の流れ」を紹介していきます。 

『こんな時にご相談ください』

・自分だけの事故の場合
・自分以外の(友人、家族などの)事故の場合
・相手が無保険の場合
・自転車事故の場合
・ひき逃げされた場合

その他、どんなことでも気軽に聞いてください!

『交通事故治療の流れ』

①問診&状態の確認

痛い箇所や交通事故の様子などを細かくお聞きしながらその人に合った施術プランを立てていきます。

②施術開始

電気療法や矯正など様々な手技、施術をおこなっていきます。

③今後の施術の説明

身体の状態説明、施術方法や施術の期間、生活の中での注意点など説明致します。

④施術終了

整骨院・接骨院は、厚労省が許可しているため、交通事故の患者さまの負担する金額はございません。
※一部例外もございますのでお気軽にお尋ねください。

『交通事故に遭ったらまずはお電話をください』

交通事故治療のプロが様々な視点でアドバイスいたします!
ブラムスグループは交通事故専属顧問がいますので、安心してご相談ください!
交通事故によって負傷した患部はもちろんのこと、事故が引き起こす身体のあらゆる部分の不調、痛みなどもお問い合わせください。
ひまわり整骨院服部院は不安・悩みを全力でサポートいたします(^^)!

だんだんと夏らしい気候になってきました。
家族でキャンプや海水浴など車を使うことが増えると思いますので、みなさん気をつけて運転してくださいね!

84 豊中服部ひまわり整骨院ブログ「交通事故」

2017.05.20 08:25


〈交通事故〉

またまた日曜日のお休みを使って遠出をしてきた北原です。
今回は私の地元「島根県」へ!
目的は島根県唯一のプロスポーツチーム「スサノオマジック」というバスケットボールの応援に行ってきました。
結果はなんと!
決勝進出&念願のBリーグの1部に昇格!
うれしすぎです\(^^)/笑
夜行バスに乗り、日帰りというしんどい思いをして帰省したかいがありました。


ゴールデンウィークで遠出をした方も多いですよね。
何件もの交通事故を耳にしました。
ここで、今回は「交通事故」について紹介します。

 

もし交通事故にあってしまったら…

①警察へ連絡
交通事故がおきるとパニックになり、勝手に示談をしてしまう人も多いようです。
まずは必ず警察へ連絡をします。

②相手の名前・住所・電話番号・保険会社の名前・番号など聞いておきましょう。

③ひまわり整骨院服部院へ連絡
当院では、交通事故の治療も受けることができます。
これからの流れや、どうして良いのか分からないなど詳しく説明致します。

④病院で診断書をもらいましょう
整骨院での交通事故治療は医師の診断書が必要になります。

⑤警察へ診断書を提出
事故が起きた地域の警察へ診断書を提出し、「人身事故」という証明をしてもらいましょう。

⑥相手の保険会社へ連絡
相手が加入している保険会社に「ひまわり整骨院服部院」で治療を受けることを伝えてください。

⑦ひまわり整骨院を受診
どのようなことでもお気軽にご連絡ください。

 

交通事故治療でかかる料金

交通事故で当院を受診される場合、自賠責保険や任意保険が適応可能です。
示談をする前でしたら、患者様のご負担金は基本0円です。
保険のことで分からない点は当院へご相談ください。

 

交通事故治療で当院が選ばれている理由

①当院は今まで多くの症例に対する実績があること
②自賠責保険や任意保険の適応が可能な為、治療費の負担がないこと
③保険のこと、慰謝料のことなどの手続きもアドバイスしていること
④1人1人の症状に合わせた施術を行うこと
⑤予約優先制の為、待ち時間がほとんどないこと
⑥土曜日・祝日も診療していること
⑦当院では、国家資格を持ったスタッフが施術をすること


交通事故によって出てきた症状を甘くみてはいけません。
症状は事故後すぐに出てくるものもあれば、1~2週間後に出てくるものもあります。
ほっておかずに、早期の治療をしましょう!
まずは服部のひまわり整骨院へご相談ください。





83 豊中服部ひまわり整骨院ブログ「腰痛はなぜ起きやすいの」

2017.05.16 18:11

ひまわり整骨院服部院の北原です。
だんだんと夏らしい気温になってきましたね!
先日、ブラムスグループのみんなと緑地公園でバーベキューをしてきました!
楽しかった時間が過ぎ片付けをしようとテーブルを運んだ際、腰にピキッとした痛みが走りその場から動けない・・・。
幸い軽い症状で、しばらくすると歩けるようになりました(^_^;)
そこで!今回も【腰痛】について紹介していきます。

腰痛の原因『腰椎への負荷』

腰椎部は可動性が脊柱の中でもっとも大きく、体幹の運動の大部分を行います。
体幹の支持性がもっとも要求され、日常生活の動作において常時負荷が加わっているため、比較的若い人から高齢の人までさまざまな障害をきたしやすいです。 

腰痛の原因『腰部の損傷』

日常生活において頻発する損傷です。
中腰で物を持ったり、スポーツ選手が競技中に発症したり、また労働者が重量物を運搬する際などに生じます。
不良姿勢や作業姿勢に自身の筋力や外からの衝撃が加わり損傷を起こしているものが多いです。

①関節の損傷

急性および慢性の外力が腰椎の関節のねじれを起こし腰痛へと繋がります。
起床時が特に強く、仕事中は軽減する傾向があります。

②靭帯の損傷

重量物を運搬する際(前かがみの姿勢)に作用する荷重によるストレスが靭帯に加わり、断裂が起こりやすくなります。
仙骨を中心に蝶の羽のように開いた骨盤に、姿勢を変えた際のねじれのストレスが発生しやすく、靭帯の損傷の大きな原因となっています。

③筋・筋膜の損傷

1.腰に付いている筋肉は作業状態や日常生活などでストレスを受けやすい状態になっています。
またほとんどの筋肉がいくつも関節を跨いで付いているので、色々な動作に関連しています。
原因として急性あるいは慢性の外力により炎症が起きて痛みが発生します。 
2.臀部も損傷を受けやすい筋肉が多く、特に梨状筋損傷は多いです。症状は片側の腰部や下肢の痛みで、深く座ったり内股になったり、重量物を挙げた時に出現し梨状筋部に圧痛がある。
3.太ももの裏側(ハムストリングス)についても損傷が多く、特に不良姿勢、下肢の形態異常が損傷の原因であることが多いです。

このように腰の痛みは多岐に渡ります。急性の腰痛や日頃から気になる腰痛がある方はひまわり整骨院までお越し下さい!

82 豊中服部ひまわり整骨院ブログ「交通事故で一番多い怪我はむちうち」

2017.05.13 18:53

ひまわり整骨院服部院院長の北川です!この時期は1日の気温差が大きかったり、楽しいゴールデンウィーク後に五月病と呼ばれるような症状が出たり、体調を崩される人が多くいるように感じています。
ひまわり整骨院服部院は祝日診療もしています。なので、私は生活リズムも乱すことなく元気モリモリです!もし体調がスッキリとしない人は、しっかり睡眠・栄養のある食事・適度な運動を心がけてみてください。

『大型連休後は、交通事故によるケガでの患者様が増えます』

ゴールデンウィーク後に身体の不調を訴え来院される患者様も多いのですが、また別のきっかけで来院される患者様もこの時期は増えます。それは交通事故でのケガをされた患者様です。こういった大型連休は交通量が多くなることや、自身が安全運転でも巻き込まれてしまう事も多々あるからなのです。

『交通事故で1番多いケガって何?』

交通事故によるケガは、もちろん事故状況により様々です。骨折、脱臼、打撲、捻挫など。その中でも1番多く発症するのは「むちうち」です。一般的にもよく知られ、当院でもむちうちによる患者様が多く来院されています。このむちうちとは、簡単に表現すると首の捻挫です。背中や腰にまで、至ることも多くあります。

『むち打ちの症状』

むちうちと一言でいっても、症状は様々です。痛みはもちろんですが、しびれ・倦怠感・頭痛・首が回らない・同じ姿勢がツライ・集中力低下・熱っぽい・時間帯によって症状が変わる。などなど交通事故によるむち打ちの症状は多種多様です。中には、それもむち打ち?といった症状も多くあります。

『むち打ちの特徴』

交通事故によるむち打ちでよくある特徴としては、症状出現に時間差があることです。ケガをして痛みがすぐに出現する人。普通のケガはこの流れが当たり前です。しかしむち打ちでは事故後数日はそんなに強い症状が無かったのにも関わらず日が経つにつれて症状が出現する人。このような患者様が多くいます。事故後そんなに痛くないから大丈夫!と思わず早期治療が大切です。

ひまわり整骨院服部院では、今まで交通事故によるケガの患者様の施術を、多く行ってきた実績があります。交通事故でのケガでお悩みの中の方は、ぜひ一度【ひまわり整骨院 服部院】へお越しください。交通事故の専門的な治療やアドバイスを受けたい方にもオススメ頂いています。











81 豊中服部ひまわり整骨院ブログ「腰痛症」

2017.05.09 16:42

〈腰痛症〉

日曜日のお休みを使って母と日帰りで博多に行ってきた北原です。
行きの新幹線ガラガラで意外と人少ない~♪と思いきや、GWということもあり、博多はやっぱりものすごい人でした。
一日中歩いているか、座っているかのどっちかで、じわじわ腰の痛みは出てきていたのですが、なんと帰りの新幹線はラッシュに巻き込まれ岡山まで座れないという事態に...
腰の痛みと戦いながら家に帰りました(;^ω^)


そこで、皆さん、腰痛症ってご存知ですか?
腰痛症と言われて、「なにそれ?」と思う方も多いですよね。
腰痛症とは一般的に皆さんご存知の腰痛です。
腰痛症に悩んでおられる方はたくさんいます。
私もそのうちの一人です…
腰痛症は具体的にどんなものなのかを紹介していきます。

 

腰痛症の原因

まず、腰痛症は、原因が明確でないというのが特徴です。
何気ない日常生活の日々の積み重ねによって起こります。
▽長時間同じ姿勢でいることが多い(デスクワーク)
▽冷え
▽ストレス
▽睡眠不足
▽運動不足
▽姿勢が悪い
▽疲れが抜けない
などこれといって大きな原因はないけれど、なんか腰がいたいという場合は、上記のような要素が毎日毎日積み重なることで腰痛症を引き起こしています。

 

腰痛症の症状

▽常に腰が全体的に痛い・だるい・重い
▽疲れがたまると腰まわりがしんどくなる(痛い・だるい・重い)
▽起きたときに痛い
▽じっとしていて動き出すときに痛い
▽安静にしていても痛み・だるさがある
などこれら以外にもさまざまな症状が出てきます。

 

ひまわり整骨院服部院がする腰痛症の治療

腰痛症に対して、予防やケアを自分でやっているが、全く良くならない!と悩んでおられる方はたくさんいます。
そのような方は、もしかしたら身体のゆがみや違う原因などからきているのかもしれません!
当院では、根本的な原因、根本的に悪くなっているところを見つけ出し、一人一人に適したオーダーメイドの治療を行います。
悩んでおられること、なんで?と疑問に思っていることなどなんでも当院にご相談ください。






0668655667

交通アクセス

地図
Googleマップを見る
〒561-0852  
大阪府豊中市服部本町2-1-18
06-6865-5667

診療案内

 
午前
午後
診療時間
午前 08:30 ~ 12:00
午後 15:00 ~ 20:00
木・祝祭日は08:30~12:00まで
(日曜日・年末年始休診)