ブラムスグループの代表ブログ

ブラムスグループ総会、忘年会

いやー!!今年もあと少し

一年が早いと感じるのは有意義な時間を過ごしたから?

そんな振り返りをし一年を締めくくる、ブラムスグループの総会と忘年会を先日行いました

総会では各院長やスタッフが前に出てパワーポイントを使い来年の思いや計画を発表。

この発表が毎年精度を上げてきているところに嬉しさも感じます。

思いがあるが伝えられない、言葉を上手く言おうと思い伝わらない、今まではそんな感じが多かったのですが

今回は「伝わる総会」になりました

社長方針から落とされる自院の方針、そして計画が川の流れのごとくスムーズに流れ

聴いていてもなるほどと思うことが沢山ありました。

また総会ではトップの院長が発表することが多い中、診療スタッフや受付さんを巻き込み発表する院もありました。

一人一人が主人公であり、一人一人の力が今の会社を作り出している。

そんな基本的なことをしっかりと分かる総会でした。

総会の後は今年頑張ったスタッフ全員での懇親会

お酒が入ると一年の疲れが癒される瞬間ですね

いい仲間と過ごす時間は本当にいいものです

来年はまたバージョンアップしたグループの力で患者さん、利用者さんの感動と満足を追い続けます

ブラムスグループ求人はこちら


沖縄就職説明会

こんにちは!小島です


先日は沖縄統合医療学院という柔整師、鍼灸師を養成する学校に

就職説明会をしに訪問させていただきました。


いやー!! 大阪と違い何とも過ごしやすい!! 気温22度

冬場は沖縄で暮らそうかと真剣に思うほど気候が良かったです



ここ沖縄の生徒さんは、半分ほどが関西や関東に就職をされるとのこと。

住み慣れた沖縄を離れると、不安もいっぱいでしょうね

弊社も地方出身が多くいます。

私も福岡県ですしね。住み慣れた地元を離れ一人暮らしをするときはやはり不安でした

そんな中やはり心の支えになるのが、先輩や同僚の方の気遣いでした。

不安な私を飲みに連れていってもらったり、部屋でいろんな話をして頂いたりと

今思えば本当に心の支えになっていたと感じます。

環境の変わる就職で慣れるまでの間は、私たちも院長や先輩がしっかりと対応します。

離職で多いのはやはりコミュニケーション不足からくる行き違いが多いと思います。

人は無視されたり、気にされなくなると本当にそこでの存在価値を見失うもの。

弊社の理念「みんながよかったの実現」の中には個々を尊重し人に光を当てる経営があります。

一人一人に価値があり、それを認め合い高め合う組織を常に目指してます。

だから「自立」というキーワードのもと、考える力ややり場の提供に重きを置いています

医療機器に頼らず、自分の手で治すには、手の持つ力を最大限に出すには人としてどうあるべきか

弊社はテクニックを使う人の教育や指導に重点を置いています

それは大事な患者さん利用者さんに心からの医療技術を提供してほしいからです。

今回お会いした多くの面接者の方は、今から医療者としてしっかりやっていこうという

決意がある方ばかりでした。

共に働く仲間にはこの「気持ち」が何より大切です

ご縁を大事にまた再びお会いできることを願います。

感謝

ブラムスグループ求人はこちら




他業種と学ぶマネジメント研修終了

今年7月から始まりました他社、他業種の社員さんとのマネジメント研修6カ月コースが先日終わりました。

この研修では受講生としてではなく、講師のサポートでディレクターとして7名の受講生を担当しました。

マネジメントというと何か経営を学ぶ感じがありますが、中身は毎日の業務や目標に対して進捗を追い続け

成果を出せるスキルを身に付けることです。

具体的にはPDCAサイクルを回し続けること

PDCAとはP(plan)を立て、D(do)実行し、C(chech)実行したことを評価し、

A(act)評価したことを改善する手法です。

この手法はビジネスに限らす、スポーツや学習、趣味でのスキルアップでも必ず使います。

またこの手法を学ばなくても、これに近いことを日々しながら大人になっていくとも思います。

私はどちらかというと思いや感性で物事を考え実行するタイプなので、このPDCAは本当は好きではありませんでした。

自分が受講生としてこのPDCAを学んでも、「やり方は俺が決め、俺のペースで進める」なんてことをやっていましたね。

若干27歳で開院しスタッフも少なく一馬力が大きく必要な時はそれでも何とかなりましたが、

スタッフも増え役職者が増えるにつれ、思いだけでなくこのような手法や組織としての考え方仕組みも必要になってきました。

学ぶことで多くを吸収することができますが、学んだことを他人にアドバイスするとなると

このPDCAの本質を知る必要もありました。

受講生は自社の業績を任された社長、幹部さんばかりでしたので、

責任と役割を学ぶ意味でも、やはり他業種との学びや外に出ての学びは意味や価値がありますね。

技術ややり方にこだわる整骨院とは違った、本物になるためには、思考の質も問われます。

私たちは治すことはもちろんですが、人に接する仕事だけに人に信頼され、

人に身体を触ることを許されなければなりません。

こうして学べる環境に感謝

そして6か月間しっかりと関わっていただいた受講生の方々にも感謝!!

ブラムスグループ求人はこちら


 

宝塚医療大学就職説明会

おはようございます!!

代表の小島です。

先日はグアム旅行から帰りその日のうちに宝塚にある「宝塚医療大学」に就職説明会に行ってきました

いや~~ハードスケジュールでしたが、新たなスタッフを見つけに行くことはワクワクしますね~(^^)

疲れを忘れ多くを語った時間でした。

今回の説明会では、来年3月卒業の学生さんや再来年卒業の学生さんと多くの時間をとり話をさせていただきました。

その中でも学生さんが知りたいのは

①院ではどんな治療をしているのか

②研修会や勉強会など学ぶ環境があるのか

③働く社員さんの状況

等々・・・・・

皆さん自分の将来を決めるのに真剣でした。

私が就職するときにはこのような「就職説明会」というのがなく、学校に張り出されている就職先や

独自のルートで探しての見学、面接が主流でした。

インターネットも普及していない時期でしたから情報は現場で見学し質問し感じることでした。

その当時は30件ほど見学させていただいたことを覚えています。

おかげで知識を入れる学校とは違い、現場の生々しい現実や希望も持つこともできました。

私は就職説明会の時には自社のパンフレットや写真を多く持っていきます。

しかし本当の姿、雰囲気は現場でしか伝わりません。

だから時間は取りますが、弊社を見学していただくことをお勧めしています。

頑張っている先輩の姿、生の施術風景、勉強会や朝礼、終礼などの雰囲気

どれもがこれから自分が属する組織の生の姿です

条件も大事ですが、その姿こそ大きな判断材料になると信じています。

私も30院を見て「自分が一番成長できる可能性を秘めている院」を決めました。

その一番の判断ポイントはトップの考え方です。

条件はいいが人として、医療者として成長がない環境は私も望みません

選ばれる会社には選ばれる理由がある

その理由が「成長できる環境」という理由であれば本当にうれしいですね

良い出会いを求めてまた全国を飛び回りたいと思います。

出会いに感謝!!

見学はいつでもOKですよー!!


ブラムスグループ求人はこちら