豊中市の鍼灸整骨院・肩こり腰痛・整体・交通事故対応

身体のことでお困りなら私たちにおまかせください。

豊中曽根整骨院ブログ『猫背改善』 125

2018.08.08 19:20

豊中市曽根近隣にお住いのみなさん、こんにちは。ひまわり整骨院曽根院の西井です。
8月です。暑い日が続いております。暑過ぎてセミの鳴き声もおとなしい気がします。例年であれば夏の暑さを加速させるヤツらの叫びを疎ましく感じていたのですが、今年は猛暑に喘いでいるように聞こえます。もし私がセミならば、もう1年土の中で成虫留年して来年に期待するところです。来年もっと暑くなる可能性もありますが、そうなればまさに虫の息でしょう。
さて今回は、不良姿勢の中でも多い猫背についてお話しします。

猫背の構造的不利

4足歩行する動物では猫背のアーチ構造が負荷を分散させる上で有効に働きますが、2足歩行の人間ではそうもいきません。
猫背の人は地面と重心との垂直線上から前に頭が飛び出すので、それを支える首肩に負担がかかります。また背骨に曲がる力が不断に加わる為、年齢とともに背骨と背骨の間にあるクッション材の椎間板が摩耗して変形してしまい、背中の痛みの原因となります。
足裏の支持基底面が狭くて、重い頭部を持つ人間には、猫背よりもゆるいS字を描くスプリング構造が有効です。

猫背の原因

①前屈みの姿勢を長時間続ける生活習慣により、体の前後の筋バランスが崩れている。
②姿勢を保持する筋肉が弱い。
③筋力はあるが身体の使い方が悪い。
骨自体に異常のある場合を除けば、上記3つが主要な原因になります。

猫背の改善法

単純に考えて原因となる行為の逆を行えばよいのです。
①普段から姿勢に気を付ける。ストレッチやマッサージで硬直している筋をほぐしてバランスを整える。
②トレーニングによって姿勢保持筋を鍛える。
③必要な筋肉にだけ刺激を与えて無駄な力が入らないようにクセづける。
特に②の姿勢保持筋に関して、背中の筋肉だけではなく腹部深層の腸腰筋を鍛えることが重要です。猫背姿勢では骨盤が後ろに倒れている傾向にありますので、骨盤を立てる働きのある腸腰筋に刺激を入れなければいけません。骨盤を立てることで背骨のスプリング構造が活きてきます。

ひまわり整骨院曽根院ではEMSトレーニングによる姿勢改善にも取り組んでおります。興味のある方は気軽にお尋ねください。

tel:0668666161

交通アクセス

地図
Googleマップを見る
〒561-0804 
大阪府豊中市曽根南町1-22-8
06-6866-6161

診療案内

 
午前
午後
診療時間
午前 08:30 ~ 12:00
午後 15:00 ~ 20:00
木・祝祭日は08:30~12:00まで
(日曜日・年末年始休診)