豊中市の鍼灸整骨院・肩こり腰痛・整体・交通事故対応

身体のことでお困りなら私たちにおまかせください。

ひまわり整骨院曽根院ブログ 寝違えについて

2016.06.17 12:01

豊中市、曽根周辺の住民の皆さん、こんにちは。
ひまわり整骨院曽根院の西井です。
今年の梅雨は空梅雨とは言われていますが、非常にじめじめした日が続いていますね。
湿度の高い日は、体調に変化を起こしやすいものですが、いかがお過ごしですか?


さて、今回のテーマは「寝違え」です。


朝起きた時に首を寝違えてしまい、顔を洗うのにも四苦八苦する最悪な一日の始まりです。
多くの方にそのような経験があるのではないでしょうか?



一般的に寝違えとは、睡眠中に無理な姿勢によって首の筋肉が引き伸ばされて痛めてしまった状態、または椎間関節という首の後ろの骨と骨との間に軟部組織をかみこんでしまい痛みを発している状態をいいます。
首というデリケートな部分に痛みを感じると、四六時中気になってしまいます。できればそのような事態は避けられるものなら避けたいですね。以下に寝違え防止策をあげて行きます。


寝違え防止策

①枕  →  自分の体にあった枕は、首への負担を減らして寝違え防止につながります。

②寝る前のお酒を控えること 通常睡眠時には自然と寝返りをうつため、長時間の無理な体勢はとられないものですが、お酒に酔って寝てしまうと寝返りが起こりにくくなるので、寝違えを発症するリスクが上がってしまいます。また、アルコールの摂取によって脱水状態となることもリスク要因です。

③ストレッチ  首の筋肉を柔軟に保つことは、寝違え対策としてとても有効です。無理なく気持ちよさを感じる程度に筋肉を伸ばしてあげましょう。

④治療、マッサージ  筋肉の滑走不全や拘縮が改善されることにより、首の血液循環がよくなります。ぜひ、ひまわり整骨院曽根院にいらしてください。



昔からの言い回しに「借金で首が回らなくなる」という言葉があるように、心配事や心理的ストレスが影響することもあるそうです。梅雨のじめじめした空気を吹き飛ばすくらい心身ともに健康でありたいですね。


>>ひまわり整骨院曽根院ページへ<<

tel:0668666161

交通アクセス

地図
Googleマップを見る
〒561-0804 
大阪府豊中市曽根南町1-22-8
06-6866-6161

診療案内

 
午前
午後
診療時間
午前 08:30 ~ 12:00
午後 15:00 ~ 20:00
木・祝祭日は08:30~12:00まで
(日曜日・年末年始休診)