豊中市の鍼灸整骨院・肩こり腰痛・整体・交通事故対応

身体のことでお困りなら私たちにおまかせください。

豊中曽根整骨院ブログ『姿勢による肩こりについて 』 78

2017.03.26 15:00

豊中市曽根周辺にお住いの皆様、こんにちは。ひまわり整骨院曽根院の西井です。
桜の開花が待ち遠しい時期となってまいりました。暦の上では春とはいえ、まだまだ寒い日が続いております。しかし、日差しはうららかで着実に春の訪れを感じられます。皆様の中には、入学や入社で新生活の始まりに胸を高鳴らせている方もいらっしゃるのではないでしょうか?さて今回は肩こりについてお話しさせていただきます。肩こりと言いますと、今や日本の国民病のようになっていますが、その原因は様々です。今日はその中でも特に多い姿勢が原因の肩こりについて述べていきます。

姿勢の乱れが構造的に負担の集中する部位を生み出し、それが筋肉の疲労となって症状が現れるのが姿勢性の肩こりの概要です。肩こりを引き起こす姿勢の乱れの代表格に猫背巻肩があります。
猫背とはいわば、身体の縦のラインの歪みです。前屈みの姿勢が続いたり、筋力の低下によって背骨のS字状の湾曲が失われてしまい、背中が後ろに張り出したような状態になることをいいます。これをもとの状態に戻そうとすれば、単純に反対のことをしてやればよいのです。背伸びした状態で背骨を反らすようにストレッチしたり、背筋を鍛えて筋の支持力を強くすることで調整できます。ちなみに、猫に限らず四足歩行の哺乳類は基本的にアーチ状の背骨を持っていますので、犬も猫背であるといえます。
巻肩は横のラインの歪みです。細かな手作業などによる胸部の筋の過緊張によって、胸をすぼめた姿勢が常態化することをいいます。これの反対の状態を作ろうとすれば、胸を開くようにストレッチして胸部の筋を伸ばしたり、肩甲骨を内に寄せる筋を強化すればよいのです。

猫背と巻肩は、身体の前後バランスの乱れとして共にみられることが多いです。特に机に向かうことの多い事務職の方や筋力の弱い女性はなりやすいので、お仕事の合間でもストレッチをするなどして、こまめに体調管理していきましょう。


06-6866-6161

交通アクセス

地図
Googleマップを見る
〒561-0804 
大阪府豊中市曽根南町1-22-8
06-6866-6161

診療案内

 
午前
午後
診療時間
午前 08:30 ~ 12:00
午後 15:00 ~ 20:00
木・祝祭日は08:30~12:00まで
(日曜日・年末年始休診)