豊中市の鍼灸整骨院・肩こり腰痛・整体・交通事故対応

身体のことでお困りなら私たちにおまかせください。

豊中曽根整骨院ブログ『筋力不足による腰痛』 119

2018.04.07 20:00

豊中市曽根周辺にお住いのみなさん、こんにちは。ひまわり整骨院曽根院の西井です。
4月になりました。あっというまに桜は散ってしまいましたが、みなさんはお花見に行かれましたか?
先日、私は万博公園に行ってきました。午後の7時くらいに着いたので夜桜となりましたが、満開に咲きほこり、夜風に揺られて花びらが散っていく様は中々に見事でした。夜でもそこそこ賑やかで、ストリートパフォーマンスの周りは人だかりができていました。屋台もたくさん出店していて、辺りにはお祭りの香りが漂いお腹の虫を刺激します。通りをゆく人たちも楽しそうで、平和を絵に描いたような情景でした。
しかし、万博公園の主は桜でも屋台でもありません。彼です。

この独特のフォルムに、癖の強い顔面。強面なのになで肩で、どことなく育ちの良さを感じさせます。見た目によらず、人を惹きつけてもてるタイプでしょう。

その背中は広く大きく、大阪の代表的モニュメントとしての気概にあふれています。

彼の魅力を言葉で表すのは難しいので、直接会いに行かれるのが良いでしょう。ひょっとすると彼女かもしれません。
閑話休題、今回は筋力不足による腰痛についてお話しします。

筋力アップで腰痛予防

どんな時に腰痛を感じるでしょうか?
長時間座っていたり、立ちっぱなしだったり、同じ姿勢をとり続けている時。仕事で何度も同じ動作を反復した時。激しい運動で疲労がたまっている時。
こういう時に痛みを感じることが多いのではないでしょうか?これらは筋肉に負担がかかることによって生まれるものなので、筋肉を強く柔軟にすることで予防することができます。
では、どの筋肉を鍛えれば良いのでしょう?

腰痛予防に必要な筋肉

どの筋肉も鍛えれば身体に良いのは当然ですが、腰痛予防に対して特に有効な筋肉が2つあります。腹横筋と大腰筋です。
まず腹横筋ですが、読んで字のごとく、お腹の奥を横に走っています。腹巻のように筋肉でできた天然のコルセットと言えます。緊張するとお腹をへこませる働きがあるので、息を吐きながらおへそを背骨にくっつけるようにへこませると鍛えることができます。
大腰筋は腰椎の前面からお腹の奥を通って股関節の内側にくっつきます。上半身と下半身をつなぐ重要な筋肉で、腰のスッと伸びた美しい姿勢を作ります。股関節の運動に参加するので、大股で歩くことで刺激できます。


なにごとも一日にして成らず。普段の生活から鍛えて腰痛予防をしていきましょう。


06-6866-6161

交通アクセス

地図
Googleマップを見る
〒561-0804 
大阪府豊中市曽根南町1-22-8
06-6866-6161

診療案内

 
午前
午後
診療時間
午前 08:30 ~ 12:00
午後 15:00 ~ 20:00
木・祝祭日は08:30~12:00まで
(日曜日・年末年始休診)