豊中市の鍼灸整骨院・肩こり腰痛・整体・交通事故対応

身体のことでお困りなら私たちにおまかせください。

豊中曽根整骨院ブログ『日常に潜む腰痛リスク』 103

2017.10.06 17:20

豊中市曽根近辺にお住いのみなさん、こんにちは。ひまわり整骨院曽根院の西井です。中秋の名月を越えて秋もいよいよ深まってまいりました。スーパーに行くと栗やかぼちゃに松茸、サンマ。秋の味覚で賑わいを見せております。私も松茸のウィンドウショッピングで秋の嗅覚を楽しみ、買い物カゴには松茸風味のお吸い物のもとを入れました。秋は五感を清々しく刺激してくれます。行楽の時季でもありますのでお出かけされる方も多いのではないでしょうか。動きやすい気候になったので、ハイキングや登山など自然に親しむレジャーなんかいいですね。しかし、普段体を動かしていない人はご用心。急に運動すると腰痛を発症するかもしれません。そこで今回は日常の中でよくある腰痛の原因についてお話しします。

急激な運動によるもの

日常的にトレーニングしている人はいざ知らず、運動不足の人がいきなり激しい運動をすれば、腰痛の原因になります。部屋の模様替えで家具を動かしたり、衣替えで押入れから荷物を引っ張り出したり、朝の電車に乗り遅れそうになって急いで走ったり・・・。急激な動作によって筋肉に傷をつけたり、関節や関節を保護する軟部組織を傷めてしまったりするかもしれません。心当たりのある方は急に動かず、腰への負担を考えながら動きましょう。今は運動会の時期なので、保護者参加の競技に出られる方はウォーミングアップを競技開始の前にやっておきましょう。普段から運動する習慣をつくることで腰にも良い影響を与えることができます。運動不足と腰痛についてはこちらもご覧ください。

姿勢不良

姿勢不良と腰痛については以前にもお話ししました。椅子やソファに座ってテレビやパソコンに向かったり、庭の手入れや洗車作業、日曜日のDIYなどなど。前屈みや中腰の姿勢は腰に負担がかかります。腰への負担が少ないニュートラルな姿勢を心がけるのが良いでしょう。ニュートラルな姿勢を保つには、筋肉の柔軟性が必要です。お風呂上りにストレッチすると、疲労して硬くなった筋肉をほぐすのに都合が良いです。しかし、どんなに良い姿勢でも長時間同じ姿勢でいるのは良くありません。たまに休憩をはさんで腰を回したり、歩いたりして動かすようにしましょう。

腰は体の要。普段からケアして今年の秋を楽しみましょう。

06-6866-6161

交通アクセス

地図
Googleマップを見る
〒561-0804 
大阪府豊中市曽根南町1-22-8
06-6866-6161

診療案内

 
午前
午後
診療時間
午前 08:30 ~ 12:00
午後 15:00 ~ 20:00
木・祝祭日は08:30~12:00まで
(日曜日・年末年始休診)