豊中の鍼灸・はり治療

鍼灸治療

鍼について

「鍼灸」=「しんきゅう」もしくは「はり・きゅう」と読みます。 鍼灸は、中国を起源とする日本伝統の医療法です。現在の「鍼灸」は、1500年ほど前に日本に渡来してから明治時代にいたるまで独自の発展をくりかえしてきました。そのため、大本である中国の「鍼灸」治療とは違った医療法であると言えます。

具体的な鍼施術

「鍼(ハリ)」は、金属製の微細な針を、ツボ(経穴)に刺し入れる。 あるいは、もぐさ(艾)を燃やしてツボを刺激する施術です。 鍼(ハリ)は、施術者の手指では触ることができないような身体の奥深くを鍼(ハリ)で刺激することで緊張をやわらげることを目的とする施術でもあります。

感じ方や効果に個人差はありますが、鍼(ハリ)で身体を流れる「気血」を調整することにより筋肉や腱の疲労回復や血流の改善が見込めます。 また、鍼(ハリ)の刺激によって自律神経を整え、崩れかけた体調を回復する効果も期待できます。

こんな方に鍼治療はおススメ

  • ひどい肩こり、腰痛
  • 頭痛めまい
  • 更年期症状生理不順冷え性
  • 手技療法では取りきれない、頑固な筋緊張

小島鍼灸整骨院で使用する「鍼」について

安全

「鍼」は、すべて安心の使い捨てタイプ「ディスポーザブルタイプ」です。一度使用した鍼は、二度と使用することは無く、感染症などの心配はありません。日本製を使用しているので、折れたりする心配もありません。また、当院では「国家資格」を有する鍼灸師が施術いたします。安心してお受け下さい。

痛くない

「鍼」と聞くと注射の針をイメージして「痛い」と思ってしまう方もいらっしゃいます。使用する鍼は、髪の毛よりも細く、比較的軟らかいものを使用しております。 実際に鍼を刺したことに気付かれない方もいらっしゃるくらいソフトにすることもできます。

鍼の健康保険適用について

鍼治療の保険適用

下記の疾患に対しては医師の同意のもと「健康保険」が使えます。

腰 痛 ギックリ腰や慢性の腰痛などの症状
神経痛 坐骨(ざこつ)神経痛などの症状
リウマチ 関節に急性や慢性の炎症があり腫れや痛みが伴った症状
五十肩 肩の関節に痛みがあり腕が上がらないなどの症状
頚腕症候群 首~肩や腕にかけて痛みやシビレがある症状
頚椎捻挫後遺症 むち打ち症や首の外傷など

※上記に当てはまらないものでも自費で鍼灸施術をお受けいただけます。

ご注意ください

鍼灸治療での保険適用に関しては、下記の点にご注意ください。

  • 受診対象の病気は、先に医師の治療や診断が必要です。
  • 保険を使って鍼灸治療を受けている間は、その鍼灸治療を受けている病気についてのみ、 他の病院や医院で診療できなくなります。もちろん他の病気に対する診療は可能です。
  • 同意書を書いてもらうお医者さんは、なるべくかかりつけの先生にお願いしましょう。
  • 初回の同意書の作成の他、治療期間中は3ヶ月ごとに医師の同意が必要。
  • 使う保険の種類によって取扱いが出来ない、また患者様本人の手続きが必要なものもあります。

小島鍼灸整骨院で行うすべての鍼療法に対して、健康保険が適用される訳ではありません。施術種類によっては自由診療扱いになるケースもございます。ただし全ての施術に対し、保険・非保険対応になるかの事前説明は行います。詳しくはスタッフまでお尋ねください。

0668573485

交通アクセス

〒560-0021
大阪府豊中市本町1-6-25 バレルハイツ1F
≫アクセスマップ

診療案内

 
午前
午後
診療時間
午前 08:30 ~ 12:00
午後 14:00 ~ 20:00
土・日祝は 08:30~13:30まで
(木曜午後・第3日曜・年末年始休診)
≫お問い合わせ