豊中の鍼灸整骨院 ブログ

豊中整骨院ブログ「らくらくインナーマッスルトレーニング」210

2018.04.30 17:31

~目次~
①インナーマッスルってなに?
②加齢とともに衰える筋肉
③らくらくインナーマッスルトレーニング

宝塚沿線に住んでいながら、今まで「宝塚大劇場」で歌劇を観たことが無かった稲田です。やっと行ってきましたよ!!!ほら!

とっても華やかな時間でした~(≧∇≦)前後半の二部構成で、約3時間座りっぱなし…。以前の私なら、次の日にはヒドイ腰痛で苦しんでいたはずです。しかーし!!最近の私は違いますよ!なぜなら、インナーマッスルを鍛えているからです。どんな事をしているかというと、その名も「楽トレ」私は30分寝ているだけの楽チントレーニングです。

①インナーマッスルってなに?

身体を支える大事な筋肉で、ほとんどの人が弱っている、または、上手に使えていないです。代表的な筋肉をあげると「大腰筋」(だいようきん)。

上半身と下半身をつなげる唯一の筋肉です。この筋肉が上手に使えていないと
歩行時に足が前に出にくい
すり足で歩く
歩幅が狭くなる
階段が昇りづらい
何もないところで躓く
猫背になる
腰痛・膝痛
ぽっこリお腹
頻尿・尿漏れ
他にもいろんな症状のきっかけになっていきます。

②加齢とともに衰える筋肉

筋肉は、運動をしていなければ、加齢とともに20歳をピークとして、毎年1パーセント減っていくといわれています。たかが1パーセントと思うでしょう。これが積み重なっていくと…50歳では30パーセント減少。70歳では半分になってしまうのです!!よく、テレビでも運動をしましょうと言われることが増えています。ただ、痛くてできない・怖くてできない・そもそも運動が苦手。そんな人にオススメしたいのが「楽トレ」です。

③らくらくインナーマッスルトレーニング

EMSというのを聞いたことがありますか?E(エレクトリカル)⇒電気的 M(マッスル)⇒筋肉 S(スティムレーション)⇒刺激 の略字になります。文字通り、身体の奥20センチまで届く、高周波という電気で、インナーマッスルを直接刺激して動かすトレーニングです。市販の物は低周波が多く、身体の数センチ奥までしか届きません。小島鍼灸整骨院にあるマシーンは、日本とアメリカで特許を取得しており、筋肉を鍛えることが出来ると証明されているものです。患者さんはベッドに30分間寝ているだけ、お腹にパッドを貼り付けてトレーニングスタート。

関節を動かすことがないので痛くないです!!こんな変化が出ています。姿勢改善・ぽっこりお腹・頻尿・尿もれ・ヒップアップ・内臓下垂・便秘・筋力アップ・代謝アップ・冷え性・生理不順・スポーツのパフォーマンスアップ・ロコモ対策・産後の筋力アップetc.

躓くことが増えた、猫背になっていることが多い、腰や膝に不安があるなど少しでも当てはまることがあれば、一度ご相談ください!


         

0668573485