豊中の鍼灸整骨院 ブログ

豊中整骨院ブログ『産後骨盤矯正と下半身太り』202

2017.11.25 18:26

~目次~

  1. 骨盤がゆがむと下半身が太る!?
  2. 骨盤がゆがむと圧迫される鼠径部(ソケイブ)
  3. 他にもある、骨盤のゆがみと下半身太りの関係
  4. 骨盤矯正は下半身太りにも効果がある!?

 

こんにちは‼
院長の中村です。今年も行ってきました『豊中駅前バル』。朝から生憎の雨模様でしたが、夕方から晴れてくれたので助かりました。今年は、リコさんのソーセージとナッツの盛り合わせ(&弾き語りライブ)、キリヤさんのクッキーとパウンドケーキ、きりん珈琲さんのケーキ、三邑さんの手作り豆腐とフグ皮の煮凝りと一品&ドリンク、久保田さんのおでん&ドリンク、串スタンドメルシーさんのローストビーフ丼と串カツ三種盛り&ドリンク、とり長さんの焼き鳥三種とドリンク、あかしゃ亭さんの低温調理と一品&ドリンクを食べてきました‼(誰ですか?食べ過ぎ言うたのは)

(二枚ともちゃんと3人写ってます…)

今まで飲み会会場の新規開拓として4年連続参加してきましたが、今年が一番の収穫でした。全部のお店の全部の商品が絶品&絶品。カロリー消費として一万歩ほど歩きましたが、それもまた楽しかったです(^^)今から来年が楽しみです。

 

そんな体重増え気味の今日は、下半身太りのお話です。

1.骨盤がゆがむと下半身が太る!?

女性の大きな悩み『下半身太り』。その原因の一つに骨盤のゆがみがあります。骨盤が緩んで、骨盤下方が開く形になると、骨盤内にある臓器が下がってしまいます。この時点で下腹が出る『ぽっこりお腹』になってしまいます

2.骨盤がゆがむと圧迫される鼠径部(ソケイブ)

『ぽっこりお腹』いわゆる下腹がでた状態だと、鼠径部と呼ばれる、あしの付け根の部分が圧迫されます。そこには血管やリンパ、神経が通っていて、圧迫されると足への流れが阻害されてしまいます。それが下半身の浮腫みの原因になることが多いです

3.他にもある、骨盤のゆがみと下半身太りの関係

浮腫み以外にも下半身が太る原因はあります。骨盤の下方が開くと、足の付け根も外に開きます。そう、お尻が外に大きくなってしまうのです。この状態は身体への負担が大きく、下半身の筋肉の張りが強くなってしまいます。膝をいためる方も多いです

4.骨盤矯正は下半身太りにも効果がある!?

骨盤矯正で骨盤のゆがみをとり、正しい運動を行うことで下半身太りを解消できる可能性が高まります。やみくもに運動やダイエットをするのではなく、専門家に診てもらうことをおすすめいたします(^^)

0668573485