豊中の鍼灸整骨院 ブログ

豊中整骨院ブログ『妊娠と産後骨盤矯正』201

2017.11.08 09:40

~目次~
1.女性の腰痛
2.
妊娠と骨盤の関係
3.
骨盤矯正のタイミング?

 

こんにちは、河南です。
小島鍼灸整骨院は開院20周年です!20周年を記念して、先日患者様にこんなものをお配りしました!

お渡しすると、喜ばれると同時に、『何?ブローチ??』と言われる方も多かったです(笑)
おせんべいなんです!おせんべいにスタッフの顔写真がプリントしてあるんです!おもしろいですよねー!感心しながらも『みんなの顔があるから食べにくい!』というお言葉も多数・・・うん、確かに(笑)さらに待合室にはこんな写真も掲示しました。長く来院していただいている患者様には懐かしんで見ていただいていますし、歴史を感じていただければいいなと思います。


1.女性の腰痛

私が小島鍼灸整骨院に来てまだ9年(たぶん・・・)ですが、さまざまな患者様を診させていただきました。なかでも最近気になるのが、女性の腰痛です。急に痛くなった、徐々に痛みが強くなったと言って来られる方をよく診ていくと、骨盤が開いた状態の方が多くいらっしゃいます。お話を聞くと、出産後に骨盤のケアをされていなかった方が多いです。骨盤ベルトをされていなかった方や、体操などの骨盤ケアをされていなかった方は妊娠出産によって開いた骨盤が綺麗に元に戻らず、後々に腰痛を起こされることが多くあります。

2.妊娠と骨盤の関係

妊娠すると骨盤内が広くなるように、骨盤につく靭帯を緩めるような働きをもつリラキシンというホルモンが分泌されます。そしてお腹の赤ちゃんの成長とともに骨盤も広がっていきます。
出産後には徐々にリラキシンの分泌が減っていき、ゆるんでいた靭帯が硬くなっていきます。同時に骨盤は閉じていきますが、骨盤のケアをしていないと綺麗に骨盤が閉じていかないことがあります。

3.骨盤矯正のタイミング?

出産後、靭帯がゆるんでいる間に骨盤矯正を始めることが一番効果的です。でも、産後から年数が経過していても当院の骨盤矯正はいつでも行えます。そして男性でも可能です。身体のゆがみが気になる方、繰り返す腰痛がある方など、ぜひ一度小島鍼灸整骨院にご相談ください。

 

0668573485