PAGE TOP ▲

53 豊中交通事故コラム「被害者の責任について」

豊中交通事故ブログ 被害者の責任について その2

過失割合の基準表というものがある                          

裁判所で過失割合が争われた過去の事故の例を見てみると、事故の態様によっておよそのパターンが決まっていて、過失割合もほとんど変わらないことがわかります。そこで、余程の事情がないような事故類型では「過失割合を示した基準表」をもとに過失割合を算出することになります。

多くはこの基準表をもとに決められる                        

この表は、これまの判例をもとにして作られています。被害者が過失割合に納得がいかなくて告訴したとしても、裁判所の判決で同じような判断がされる可能性が高いでしょう。過失割合を決める加害者側の任意保険会社も、「過失割合基準表」をもとに、個々の事故の態様を考慮しながら過失割合を決めることが原則です。保険会社が一方的に決めた過失割合ゆえ、その数値に納得のいかないケースもあるかもしれませんが、過失割合基準表に基づいた公平な割合であることがほとんどです。

過失割合をめぐる争いには際限がない                         

原則として示談交渉は、事故の原因をおこした側の保険会社から事故の過失割合が提示された後にスタートします。保険会社の提示した過失割合が本当に適切な数値かどうか判断できない場合は、正確な過失割合を知るために過失割合基準表を参考に事故類型をあてはめてみると良いでしょう。過失割合について納得がいかず、争うことにする場合にも、過失割合基準表を見て事故類型にあてはまった適切な数値で借るかどうかを調べることが、保険会社との交渉開始の第一歩です。

なお、過失割合の基準表は、一般的な事故として考えうる典型的な交通事故の過失割合を記載しているだけであって、個別に抱える特殊な事情までは考慮されていません。同様に、珍しいケースの交通事故の場合、その基準表に当てはめることもできない可能性もあります。どのような交通事故でも、その事故だけの特別な事情があるものです。このように、過失割合をめぐる争いには際限がなく、早期の解決は困難を極めます。もし、裁判で過失割合を争いたい場合は、具体的にどの程度の過失割合になるのか見通しを知るためにも、弁護士に相談することがベストの選択肢でしょう。

>> ブラムスグループ(豊中)による交通事故サイト <<

豊中市での交通事故治療 ブラムスグループ各院にお任せください。

ひまわり整骨院 服部院

06-6865-5667 土曜20時まで 祝日も診療

〒561-0852
大阪府豊中市服部本町2-1-18
月~土 8:30-12:00/15:00-20:00 木・祝祭日8:30-12:00
休診:日曜日

ひまわり整骨院 服部院

06-6865-5667 土曜20時まで 祝日も診療

〒561-0804
大阪府豊中市曽根南町1-22-8
月~土 8:30-12:00/15:00-20:00 木・祝祭日8:30-12:00
休診:日曜日

小島鍼灸整骨院

06-6865-5667 土曜20時まで 祝日も診療

〒560-0021
大阪府豊中市本町1-6-25
月~金 8:30-12:00/14:00-20:00 土日祝8:30-13:30
休診:第3日曜日