PAGE TOP ▲

昔、昔の事故だけど・・・

昔、昔の事故だけど・・・

 

今回は交通事故で治療をされている方ではなくて、

昔の交通事故、もっともっとさかのぼること大昔の事故が原因

でケガをしやすくなった方の治療経過をご紹介します。

 

患者さん40代男性

ケガの原因

坂道で車を停めて降りたら、停めたはずの車が動き出し、それを停めようと踏ん張った時に、膝を捻り痛め、腰も捻り痛め、背中の筋肉も伸ばし背中を痛め

 

私、ビックリしました。

こんなことが起こるなんて、ありえないと。

でも本当ですから。

もし自分が同じ目にあったらパニックになるやろなぁ~

自分のことはさておき

 

症状

膝痛

腰痛

背部痛(肩甲骨の内っ側)

“けんびき”と言われるところ

年配の方だったら分かると思いますが

 

治療法

腰痛を引き起こしているのは骨盤の捻れ

そう骨盤矯正をまず行うことで足の長さを揃えて

 

えっ!骨盤が捻れると足の長さが変わるんですか?

と声が聞こえてきそうですね~

 

そうなんです。変わるんです。

骨盤模型を見ながら説明するとイメージがつきやすいんですが

ちょっと難しいのでここでは飛ばしましょう。

 

足の長さが違うと膝の負担も右と左では変わってきて、膝痛が治りにくくなるんです。

骨盤矯正はSOTというテクニックを使います。

それをしながら背中の筋肉を緩める手技(マッサージと思われるかも知れませんがマッサージではありません)

 

これで腰痛と背中の痛みを緩和させます

 

あと、膝、膝ですよ~

 

何かおかしいんです。

右膝のすねの出っ張りが

と言うのも左の膝の出っ張りに比べて

右の方が前に飛び出しているんです

 

よくよく聞くと昔に

バイクで交通事故遭って

膝を伸ばしたらしいのです

 

専門的に言いますと

前十字靭帯部分断裂

 

これ、けっこう多いんです

特にスポーツをやっている方に

サッカー、バレーボール、バスケットボール、フィギュアスケート、ハンドボールなどの

ジャンプして着地の時にやるケースが

 

こういった場合、

いくら膝の周りの筋肉を揉んでも治りませんよ

膝の関節を元に戻すように

つまり、前に出たすねの骨を少しずつ後にやるように治療しなければ

 

当院ではMETやモビリゼーションというテクニックで出来ますが

炎症がきついときは、まずアイシングをしますけど

 

この方には以上の治療法で結果が良くて、9回の治療で治りました。

 

昔の交通事故などの大怪我が今のケガをさらに悪くすることを知っておいて下さい。

池田市での交通事故治療 さつき鍼灸整骨院にお任せください。

さつき鍼灸整骨院

072-753-0855 土曜18時まで 祝日も診療

〒563-0055
大阪府池田市菅原町11-4
072-753-4137
月~土 9:00-12:30/16:00-19:30
※土曜日 18:00まで
休診:日曜日・木曜日 / 祝日
※祝日週の木曜日は通常診療