PAGE TOP ▲

びっくり!やっぱり方向で事故の頻度が変わる(池田整骨院ブログ)

びっくり!やっぱり方向で事故の頻度が変わる(池田整骨院ブログ)

 

本当にびっくりしました。

えっ、何がですって。

違いがあるんです。

何が・・・

前々回の交通事故ブログで紹介した、

「目線を変えると交通事故が違いが見える」ですよ

 

この投稿をして、間もなく2月10日(金)の毎日新聞の夕刊に

 

高齢者横断 左に注意 と書いてあるではありませんか。

 

思わず、ウォーーー!と声を出してしまいました。

(本当は心の中でですが。仕事から帰ると妻と子供はとっくに寝ていますので)

いろいろとあるんですよ~

 

さぁ、本題に戻しましょう。

 

サブタイトルは 大阪 はねられ死亡「右から」の4倍

 

ちょっと気になりませんか?

私は交通事故ブログを書いた直後だったので、目が釘づけになりました。

 

大阪府内で65歳以上の高齢者が夜間に歩いていて道路を横断中に起こった

交通死亡事故を大阪府警が分析すると

(65歳以上の高齢者っていうのには引っかかりましたが、元気な人が多いので)

 

左から来た車にはねられたケースが右からよりも4倍も多いんですって

 

どうです。なぜか知りたいですよね~

 

ここにはいろんな要因が絡んできます。

 

その要因

夜間は車との距離がつかみづらい

加齢に伴い、歩くのが遅くて道路を渡りきれなかった


高齢者が片側1車線以上の道路を徒歩で横断中に直進の車にはねられた死亡事故が23件あり、約2/3にあたる15件が夜間に起こっている。

亡くなった15人のうち、

右から来た車にはねられたのは3人だったが

左から来た車にはねられたのは12人。

 

この12人の年代の半分の6人が80代で最も多かった。

 

交通事故に詳しい松浦実践女子大学教授(交通心理学)によると

 

交通心理学って、初めて知りました。

 

道路の渡り始めの右側から来る車に気を取られて

左側の確認がおろそかになる傾向があると。

 

なるほど、年配の方でなくても誰にでもあるような気がしますよね。

 

渡ろうとするときは左右キョロキョロしても最後までずーと意識できないというか

渡りきったと思ってしまうことも

 

警視庁も昨年10月に安全講習などで使用する「交通の方法に関する教則」改正し

左からの車について

「遠くにあるように見えても、横断中に近づいて来るので注意を」と明記したらしいんです。

一方

ドライバーにも検問などで

「右からの横断者に注意」と書いたチラシも配っていると言うではありませんか

 

歩行者、ドライバー共に注意をして交通事故を未然に防げたらいいですね。

 

また、ニュー情報をキャッチしたらブログでご報告しますね。

池田市での交通事故治療 さつき鍼灸整骨院にお任せください。

さつき鍼灸整骨院

072-753-0855 土曜18時まで 祝日も診療

〒563-0055
大阪府池田市菅原町11-4
072-753-4137
月~土 9:00-12:30/16:00-19:30
※土曜日 18:00まで
休診:日曜日・木曜日 / 祝日
※祝日週の木曜日は通常診療