PAGE TOP ▲

26 交通事故に遭ってしまった時に(尼崎杭瀬の整骨院


こんにちは!

大阪府池田市の、さつき鍼灸整骨院 平井です。


あっという間に大型連休が終わってしまいましたが、どの様に過ごされましたか?

さつき院でも、祝日に診療しましたが来院される方が多く、しっかりと休み中に身体を整え備える方が多く嬉しく思います。


さて、GW中の事故について警察庁のまとめ(速報値)では期間中の事故の発生件数は9999件で、昨年同期より2703件減少した事が発表されました。

報道されないだけで、いかに多く発生しているのかが分かります。

事故被害者となり、損害賠償を受ける時に賠償を巡るトラブルは少なくありません。

トラブルを避けるためには、落ち着き行動すること。

そして次の5つの確認を忘れずに行うことです!


①加害者の連絡先を聞く

加害者の住所、氏名、電話番号を確認し、それらの表記のある免許証や保険証のコピーをもらいます。

また車検証も見せてもらい確認します。これらは適切に賠償を受けるための大切な情報になります。


②加害者の加入する保険を確認する

自動車保険には、全てのドライバーに対し加入義務がある「自賠責保険」と加入は任意による「任意保険」とがあります。

任意保険は加入している人が大半だとは思いますが、任意保険に加入しているのか、何処の保険会社なのかを確認し、任意保険証を見せてもらいましょう。


③加害者の勤務先の確認

運転者が仕事の最中に事故を起こした場合には運転者の使用者(勤務する会社など)も連帯して責任を負うことになるため、被害者はその使用者に対し損害賠償を行うことができます。


④診断書をもらう

休業損害の補償については、仕事を休む必要がある旨の医師の「診断書」をもらい保険会社へ請求する際に必要になります。

会社を休んだ日数分の給与の全額が自動的に賠償されるわけではなく、保険会社による支払いになるため「休業の必要性」の証明が必要になります。


⑤過失割合の根拠の確認

過失割合は、当事者どちらにも過失のある事故の場合、通常はと自社が契約している保険会社の担当者が話し合い、過失割合を決定します。

保険会社は当然、過失割合をできるだけ低く設定したいと考えます。過失割合の設定が妥当であるか、根拠を聞き、納得できるものであるか確かめましょう。


尼崎市での交通事故治療 ひまわり整骨院尼崎院にお任せください。

ひまわり整骨院 尼崎院
06-6401-0855 土曜19時半まで 祝日も診察

〒660-0802
兵庫県尼崎市長洲中通3-3-9
月~土 8:30-12:00/14:00-19:30 木・祝祭日8:30-12:00
休診:日曜日・年末年始