豊中市の鍼灸整骨院・肩こり腰痛・整体・交通事故対応

40 豊中・ひまわり整骨院服部院の腰痛見分け方「急性腰痛」

2016.02.27 22:19

腰痛の種類「急性的な腰痛」について

腰痛には急性と慢性、2種類があることをご存知でしたか?今回のひまわり服部ブログでは「急性腰痛」をご紹介。

豊中 ひまわり整骨院服部院 院長の北川です。

当院では腰痛の症状で、お困りの患者さんが多く来院されます。

腰痛は大きく2つに分けることができる

腰痛は「急性的な腰痛」と「慢性的な腰痛」の2種類位に大分できます。この違いを見極めることが、腰痛改善のポイントになります。ではこの二つの腰痛は、それぞれどういった特徴があるでしょうか。今回のブログでは「急性的な腰痛」について説明させていただきます。

急性的な腰痛

①  急性腰痛症(ギックリ腰)、腰部脊柱管狭窄症、腰部ヘルニアなど

「ぎっくり腰」は一般の方にも最も知られた腰痛ではないでしょうか。「ぎっくり腰」は、重たい物を持ったり、中腰などの姿勢で体をねじったりした時に起こります。

詳しくはこちらのブログをご覧ください。ぎっくり腰による腰痛は、豊中・ひまわり整骨院服部院にご相談ください

腰部脊柱管狭窄症は、スポーツなどで腰への負担を継続的にかけてしまったり、加齢によって背骨の周りの筋肉が衰えたり椎間板が縮んだりすることなど、様々なことが要因で背骨の中に通る脊柱管という神経の通り道が、狭くなってしまうのです。そのため、神経が周りの組織に触れてしまい腰痛やシビレなどを出現させます。またシビレが出ない様な姿勢をすることで、腰痛をさらに悪化させます。

腰部椎間板ヘルニアは、狭窄症と似ている部分があります。神経に何らかの負荷がかかっていることでシビレや腰痛がでます。

詳しくはこちらのブログをご覧ください。頚椎・胸椎・腰椎ヘルニアって何?

こういった腰痛は、痛みが激しくなることが多いです。最初の処置や対応を間違えると症状が長期化したり、何度も繰り返すことがあります。

②原因が筋肉による腰痛

一般的に激しいスポーツや、久しぶりの運動などで起こる筋肉痛や、物の上げ下ろしや中腰での作業といった腰の酷使。デスクワークでの座りっぱなし、立ち仕事などの立ちっぱなし。こういったことから腰の筋肉が、炎症を起こしたり、乳酸や疲労物質が極端に蓄積されることで腰痛を引き起こします。

筋肉が原因による腰痛は、安静にすることで痛みが治まることがあります。しかし痛みの感覚だけが治まっているだけで、原因である筋肉の状態は治っていないことが多いです。その場合、短期間で腰痛を再発したり、クセになることがありますので早めの処置が大切です。

 

以上が「急性的な腰痛」の代表例です。①と②にあてはまらない腰痛も存在します。どういった腰痛であれ、原因と早めの処置がその後に大きく左右します。腰痛、その他お身体の不調でお悩みの方は何でも当院へご相談ください。

>>豊中・服部で腰痛お悩みなら、ひまわり整骨院 服部院へ <<

39 ぎっくり腰による腰痛は、豊中・ひまわり整骨院服部院にご相談ください

2016.02.20 20:38

  1. ギックリ腰による腰痛

阪急宝塚線服部天神駅の、ひまわり整骨院服部院がお送りする整骨院ブログ。今回はギックリ腰による腰痛です。

豊中 服部ひまわり整骨院 院長の北川です。

腰痛とは文字通り腰の痛みですが、実際はなぜ腰の痛みがでているのかを判断するこが大事になってきます。腰椎ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、ギックリ腰、筋肉疲労、骨格の歪み、骨の奇形などなど多くの腰痛を引き起こす原因が存在します。そこで世間一般でも、よく耳にすることも多く実際当院の患者様でも多い、「ギックリ腰」について説明していきます。

ギックリ腰とは?

ギックリ腰とは、いわゆる「腰の捻挫」のことです。

腰に負担のかかる行動や姿勢をした際に、腰やお尻周りの筋肉に急激な負荷がかかります。それに耐え切れずに関節が炎症を起こしたり、筋肉が損傷します。腰の状態が普段から悪い人は、クシャミやせきなどでもギックリ腰なることがあります。

ギックリ腰では、どんな症状がでるの?

ギックリ腰は、とにかく酷い痛いに襲われます。痛みの酷い人は歩くこともできず、トイレにも行けないほどです。知識や経験が無ければ、あまりの痛さに救急車を呼ぶ人もいます。もちろん、痛みの大小は個人差があります。それは損傷の度合いでも変わってきます。

ギックリ腰はレントゲンなどではわからない

それから、ギックリ腰の場合はレントゲンなどの画像検査では特に問題ありません。しびれといった神経痛もほとんどありません。しかし痛みがひどく、動きが制限されたり、熱感あることが多々あります。腰の周りを、押圧すると痛みがあることが多いです。

どんな人がギックリ腰になるの?

豊中ひまわり整骨院(服部院)でも、ギックリ腰の患者様からよくされる質問があります。

「ギックリ腰って、一回なると癖になるんですよね?」

答えは ・・・ 「その通りです」

それは何故でしょう?

ギックリ腰を繰り返すには、理由がある

ぎっくり腰になる要因は、腰の状態が大きく関係します。その腰の状態とは生活習慣が大きく関係します。姿勢や仕事、体型、生活リズム、運動不足など様々です。そのため、ギックリ腰が治っても生活習慣を改善しないと再びギックリ腰になりやすいということなのです。以下の項目で該当する数が、多い方は要注意です。

こんな方は、ギックリ腰の再発に要注意!

①デスクワークなど、長時間座りっぱなしになることが多い

②気づけば、足を組む

③お腹周りが、肥満傾向

④運動不足、車・自転車が多い、普段は歩かない

⑤寝るときの敷布団が柔らかい

⑥背中が丸くなったり、前傾姿勢が多い

⑦荷物を持ったり、置いたりする様な動きが多い

⑧一回ギックリ腰になったことのある人

ギックリ腰の改善は生活習慣にあり

みなさんいかがでしたか?ギックリ腰に、なったことのある人は習慣を少しずつ変えてみることが予防になります。なったことの無い人は、今後ならないためにも、あてはまる項目があれば気をつけましょう。

ぎっくり腰や、その他腰痛などお身体のことで気になる症状がある方は、お気軽に豊中・ひまわり整骨院服部院まで、ご相談ください。

【当院ホームページはこちらから】
http://blomstgroup.com/hattori/

38 交通事故のむちうち治療は服部ひまわり整骨院にご相談ください

2016.02.10 20:52

交通事故治療の中で一番相談されることが多いケガとは?

交通事故治療で1番相談多いケガ、「むち打ち」についてのご説明。

 

豊中 服部ひまわり整骨院 院長の北川です。

今回は交通事故治療の中で、一番相談されることが多いケガについて説明していきます。

それは「むち打ち」と言われるケガです。もう少し分かりやすい表現にすると、首の捻挫です。

なぜ「むち打ち」が起こるのでしょうか?

強い衝撃や追突といった外力を受けることから発症します。そういった強い力を、受けることは日常生活ではほぼありません。ラグビーやサッカーなどコンタクトが多いスポーツなどでも起こります。しかしむち打ち症状を引き起こすきっかけは自動車事故が一般的には最も多いです。

衝撃や追突による外力を受け、首が前後左右の方向にムチのように、しなります。その際に筋肉・神経・靭帯・骨といった組織が損傷して起こるのです。その外力の方向や、大きさにより症状の程度は軽度から重症まで変化します。

 

むち打ちの症状は、どういったものなのでしょうか?

では「むち打ち」の症状はどういったものなのでしょう?以下にわかりやすく解説していきましょう。

「むち打ち」3つの特徴

一言で「むち打ち」といっても、その症状は様々。一般的に、頸椎の捻挫であるむち打ちは、以下の3つの特徴があるとされています。そのため、適切な治療を早期に行わなければ、症状が長引き、最悪の場合、後遺症が出て日常生活に大きな支障をきたすこともあります。

 

①筋肉損傷が大きい。

「むち打ち」を起こすと、筋肉の損傷が非常に大きく、そのため首が回らないといった動きの制限がでます。もし動いたとしても、独特な痛みを伴います。さらに首の周りの筋肉を押したり触ったりすると痛みがあります。こういった症状が、首を痛めてから数時間後に出現することも多数あることも特徴です。

 

②筋肉損傷と靭帯の損傷も伴う

①の症状からさらに、首だけでなく肩や背中、後頭部、腕へと痛い場所が今範囲になることが特徴です。自覚症状が長く続いてしまいます

 

③神経や骨も損傷

①と②の症状と、しびれる症状が出現します。腕、背中、指、首周辺と場所は負傷内容で違いがあります。さらに重症化の場合、頭痛・めまい・集中低下・倦怠感などの症状が強く表れます。

 

周囲にわかりづらい「むち打ち」の痛み

むち打ち症状は、出血があるわけではなく、周りの人には伝わりにくいケガです。ましてやよっぽど強い衝撃でなければ、レントゲンなどには異常がでません。そのため痛みはありますが手や足は動きますので痛いながらに日常生活、仕事を行います。それが、悪化させてしまうパターンでもあるのです。むち打ち症状は、早期の治療開始と安静にすることが完全回復への大きなポイントになります。

 

交通事故治療、その他ご相談も含め交通事故のことでお悩みの方、まずは当院へ何でもご相談ください。
【当院ホームページはこちらから】
http://blomstgroup.com/hattori/

【交通事故治療専用ページはこちら】
http://blomstgroup.com/jikochiryo/toyonaka/

0668655667

交通アクセス

地図
Googleマップを見る
〒561-0852  
大阪府豊中市服部本町2-1-18
06-6865-5667

診療案内

 
午前
午後
診療時間
午前 08:30 ~ 12:00
午後 15:00 ~ 20:00
木・祝祭日は08:30~12:00まで
(日曜日・年末年始休診)