豊中市の鍼灸整骨院・肩こり腰痛・整体・交通事故対応

22 筋肉痛ってなに?

2015.09.25 12:53

豊中服部 ひまわり整骨院 院長の北川です。

気温も涼しく、少し寒いぐらいですが、すっかり秋っぽいこの頃ですね。
私は九月生まれでして、なんとなく秋は好きな季節ですね。

秋と言えば、読者!食欲!睡眠!
ですが、やっぱり健康な身体づくりのためにはスポーツです!

運動するには、最高の季節ですよね。
そして、何かスポーツを始める人も多いのかなと感じます。

そういった背景があるのか、この時期にはスポーツや運動をしてケガをされた患者さんが多く来院されます。

運動不足の人が、よくでる症状として多いのが「筋肉痛」です。
そこで今回は筋肉痛について説明していきます。

筋肉痛とは以下のことが、大きく関わっていると考えられます。

1.疲労物質の蓄積
激しい運動や長時間の運動を行えば行うほど、筋肉の中には乳酸や疲労物質がどんどん溜まっていくことが分かっています。
この溜まった乳酸や疲労物質が痛みを引き起こすというのが筋肉痛が起こる原因の一つと考えられています。

2.筋肉・結合組織の損傷
運動をすることで、筋肉を使います。筋肉を使うということは筋肉を収縮させることです。
運動時は大きく筋肉を収縮させるため、それを繰り返し行われると筋肉が小さな断裂を起こしてしまいます
また筋肉の中には、伸び縮みをせずに強度保っている結合組織が存在します。運動時は、あまりにも筋肉を激しく使うため結合組織が傷ついてしまうことも考えられます。
繰り返し筋肉を使うことでの、小さな筋断裂や結合組織の損傷が筋肉痛の痛みを引き起こすとも考えられています。

3.筋肉を回復・修復するに伴う炎症
使いすぎて、ボロボロのなった筋肉はそのボロボロになった筋肉丸ごとではなく、一部の筋繊維だけが一度分解されます。
そして、その部分に新しい筋繊維が合成されるという反応が起こります。
このように、筋繊維が分解されて起こる痛みというのが、遅れて筋肉痛が発生する原因と考えられています。

以上が筋肉痛のメカニズムや、遅れて発生する理由です。

運動後など、ただの筋肉痛であれば、問題ありません。
しかし筋肉痛だと思っていても、実際は筋肉が大きく損傷していたりと筋肉痛の範囲を越えている場合もあります。
こういった場合は適切な対処をしないと、症状が長引いたり悪化したりすることになります。
適度な運動やスポーツは健康のために、とても大切です。

運動などで、不調を感じるようなことがあれば何でもご相談ください。
《当院HPはこちら》


21 子供のけが「オスグッド・セーバー病」

2015.09.19 22:22

豊中服部ひまわり整骨院 院長の北川です。
今回は前回の記事の続きになります。

そこで子供のケガでの、症例を簡単に2つほど説明していきます。


①オスグッド・シュラッター病


このオスグッドシュラッター病は、まず膝の少し下あたりに痛みが出現します。
基本的には、使いすぎによるものがほとんどです。使いすぎというのはスポーツです。剣道、サッカー、陸上などのよく走るスポーツなら、どれでも引き起こす可能性があります。
そして年齢的には、10代前半の男の子に多いです。
このケガは、太ももの前にある大腿四頭筋が何度も過度な収縮を繰り返し、この筋肉の付着部である膝下の部分を損傷してしまうのです。
そして、痛いのを我慢してスポーツを続けると筋肉の付着部の骨が、隆起してしまいます。
そうなってしまうと、その隆起した骨の変形は自然には治りません。

【治療のポイント】
・ほとんどがスポーツ活動が原因であることから、誘発しているスポーツを制限するか一旦禁止にする。
・大腿四頭筋やハムストリングなど、太ももの筋肉をストレッチする
・サポーターの装着、テーピングをする
・安静とアイシング
などなど、治療のポイントは様々です。
そのためオスグッドの症状の状態を考慮し適した治療を選択することが早期回復のために大切になります。


②セーバー病(踵骨骨端症)


セーバー病とは、踵に痛みが出現します。このケガもスポーツなどの使いすぎにより、繰り返しの負担が蓄積し発生します。
多く発症する年齢は、小学校高学年前後の男の子です。
踵骨には、ふくらはぎの筋肉である腓腹筋がアキレス腱へと変わり付着します
まだ十代前半の発育期である子供の踵の骨端は、強靭なアキレス腱による繰り返しの牽引力に耐えきれず損傷します
先に説明したオスグッド・シュラッター病と、発症のメカニズムがよく似ています。
そのため治療法も同じアプローチになります。

【治療ポイント】
このケガを誘発しているスポーツや運動を制限するか一旦禁止にする。
・安静とアイシング
・腓腹筋、アキレス腱のストレッチ
・足底板の装着

と、セーバー病もオスグッドと同じく症状の進行具合で治療法が変わり、現状を見極め適切な治療法を選ぶことが早期回復に繋がります。

しかし、子供に起きるケガはここで例にあげた症例以外にも多くあります。
中には、深刻な場合もあります。
当院では、子供のケガも多く診ています。
子供のケガなどで、気になることがあればお気軽にご相談ください。
《当院HPはこちら》


20 子供・学生の手・足などのけが

2015.09.06 06:34

豊中服部 ひまわり整骨院 院長の北川です。


整骨院では、老若男女問わず幅広い年齢層の患者様が来院されます。
そういった中で、今回は「子供のケガ」について説明していきます。
ここで言う子供とは、小学生、中学生、高校生の学生のことです。

特に子供のケガで多いのはスポーツ、そして成長痛に伴う症状です。
子供というのは、大人に比べると筋肉や骨といった組織がまだ出来上がっていない身体のため、子どもならではのケガや痛みを発症します。

私の今までの経験上ですが、子供のケガは適度に安静を保ち、適切な治療をすればすぐに治ります。
もちろん中には治りにくい怪我もあります。
子供は身体が出来上がっていないかわりに、大人に比べると治癒力が凄く高いです。
ただ、ほとんどの子供はいろんな事情があります。

・とても大事な試合がある
・練習を休むとレギュラーに選ばれない、チームメイトに迷惑がかかる
・体育を休むと成績が下がる
・本人の意思で、痛くても休まずやりたい
・そのうち治ると思い、治療の必要性を感じていない

などなど、理由じたいが事実かどうかは別として、子供本人はそういったことを気にしていることが多いです。
だから、すぐ治るケガが無理をすることで悪化したり再発したりというふうになる子供の怪我をたくさん診てきました。

そして子供以上に親御さんが心配されていることが、ほとんどです。
つい先日も当院の受付さんから、中学生のお子さんに関して怪我の相談を受けました。

・どんな医療機関に連れていけばいいのか
・病院に連れて行ったがレントンゲン異常なしで、様子をみることになったがそのままでいいのか
・結局どこがどのように負傷しているのか分からない

といった内容でした。ごもっともな疑問、質問だなと感じます。

そこで当院では、学生・子供の怪我では以下のことを注意して治療しています。

①どの部分を負傷しているか。筋肉・骨・靭帯など痛めている部分を見つけます
②なぜそのような症状がでたのか、怪我の発症原因を探します
③日々の生活や運動に対しての適切なアドバイス・指導を行います

以上のことを徹底することで、重症な疾患でないかを確認し早期回復することができます。
子供の怪我は適切な治療を受けないと、成人になっても症状が残ったり怪我した部分の不調や違和感が残ることがあります。
もしこのうようなことで、お困りのかたはお気軽に当院までご相談ください。

次回は子供の怪我には、どういった症状があるのかを具体的に紹介していきます。
《当院HPはこちら》







19 首・肩・腰の痛みで悩んでる方が多くてびっくり!

2015.09.01 10:53

豊中服部にお住まいのみなさん、こんにちは。
初めまして、ひまわり整骨院 服部院 受付の松村です。

昨年の12月から、ひまわり整骨院服部で働らかさせていただいています。
時が経つのは早いもので、こちらで仕事を始めてから、半年の月日が経ちました。
だいぶ慣れてきた部分もあり、この仕事の楽しい部分も感じれるようになりとても充実している毎日です。
しかしまだまだ覚えることが多くて日々勉強の毎日です。

私は整骨院の受付をするにあたり、大切にしていることがあります。
それは、患者さんの立場になって対応することです。
もし自分が患者だったら、こんな対応してほしいということを常に考えています。
いつも笑顔で対応し、安心して治療を受けてもらう。
そして、来て良かった、また来ようと思ってもらえるな院であることを目標に患者様をおむかえしています。

私は整骨院で働くことが初めてでした。
そして自分自身も整骨院に通ったことはなく、いったいどういった所なんだろうと思っていました。
いざ働いてみると肩・腰・首・足の痛みや不調を抱えた患者様が、たくさん来院されているのでびっくりしました。
整骨院がどんな所か分からず、なんとなく入りづらいイメージがありました。
でも私が感じたところは、気軽に身体の不調などを相談でき治してもらえる所なんだなぁってイメージが変わりました。

あと整骨院の受付として一番嬉しい瞬間があります!
それは患者様が治療終了後に受付で
「あ~すごく楽になった」「痛みがとれたよ」
といった様な言葉を言ってくださる時に、本当にうれしく思います。

他の整骨院の先生は、行ったことがないので分かりませんが、当院の先生のイメージは
丁寧な説明と治療をされていると感じます。
やっぱり整骨院に来る患者様は、何かしらの身体の不調を抱え来院されます。
そういった不安な気持ちを和らげるためにも、どんな時も優しく対応されています。
まぁ、当たり前といえば当たり前なのかもしれませんが、私の感じたイメージのままです(笑)

もし首・肩・腰などの症状で、お悩みの方は気軽にご相談ください。
《当院HPはこちら》


0668655667

交通アクセス

地図
Googleマップを見る
〒561-0852  
大阪府豊中市服部本町2-1-18
06-6865-5667

診療案内

 
午前
午後
診療時間
午前 08:30 ~ 12:00
午後 15:00 ~ 20:00
木・祝祭日は08:30~12:00まで
(日曜日・年末年始休診)