豊中市の鍼灸整骨院・肩こり腰痛・整体・交通事故対応

115 豊中服部ひまわり整骨院ブログ「五十肩・四十肩」

2018.06.27 11:50

五十肩・四十肩     

ひまわり整骨院服部院の加賀です。
最近はかなり暑くなってきましたね。
六月でこれだけ暑いと、この先どれだけ暑くなるんでかね、
先が思いやられます、、、

今回は当院の患者さんの症状の中でも多い五十肩、四十肩について紹介していきます。

五十肩、四十肩とは

五十肩・四十肩と呼ばれる疾患は、40歳以後の方々に多く見られ、加齢や疲労で肩の関節が変性が起きて発症します。
原因がはっきりしない、肩関節の痛みと運動制限をきたす疾患をいいます。
また、肩関節周囲炎ともいわれています。

昔は五十肩・四十肩という疾患名ではなく、
 ・腱板損傷
 ・石灰沈着性腱板炎
 ・肩峰下滑液包炎 
 ・上腕二頭筋腱炎
などと言われており、これらをいわゆる”五十肩”、”四十肩”と呼んでいました。

しかし、最近では画像検査や関節鏡検査の進歩によってこれらを除外し、誘因のない肩関節の痛みを伴った運動制限(拘縮)を五十肩や四十肩というようになり、凍結肩(frozen sholder)とも言われてます。


五十肩はどうしてなるの? 

まず、なぜ五十肩・四十肩になるのか、、、  

40歳代~50歳代の方々に好発することから、このような病名になっていますが、普段から体を動かしている人でも、運動不足でメタボ体質の人でも発症する可能性があります。
身近な病気であるものの、なんと、はっきりとした原因は明らかにされていないんですね、困りました…  
肩には関節の動きを良くする部分(肩峰下滑液包や関節包)や、骨や軟骨、靭帯などが年齢により変性し、肩の周辺に炎症が起こることで痛みが生じると考えられています。
炎症を起こすと痛みが出て、さらに肩が固まって動かない状態になってしまいます。

 

五十肩になるとどのような症状が出て来るの?

例えば、▽女性の場合
・お風呂あがりに髪を乾かす、髪をとかす動きをした時に痛い
・髪をくくろうとすると痛い
・エプロンや帯など、手を後ろに回して紐を結ぼうとすると痛い
・洗濯物を干す時に痛いetc

▽男性の場合  
・お尻のポケットからハンカチを取ろうとして手を後ろに回したら痛い  
・車の運転中、後部座席の荷物を取ろうとしたら痛いetc


日常生活の中での様々な動きで痛みが出ますね、しかもよくある動き...

こういった症状でお困りのあなた!
ひまわり整骨院服部院で一緒に症状を治していきましょう!!!

次回は、五十肩・四十肩の症状の周期について詳しく紹介していきます。

0668655667

交通アクセス

地図
Googleマップを見る
〒561-0852  
大阪府豊中市服部本町2-1-18
06-6865-5667

診療案内

 
午前
午後
診療時間
午前 08:30 ~ 12:00
午後 15:00 ~ 20:00
木・祝祭日は08:30~12:00まで
(日曜日・年末年始休診)