ブラムスグループの代表ブログ

ヨガ体験 整骨院との連携

こんにちは小島です

オリンピックも終わり夏が終わったと感じる毎日

しかし我が家ではテーブルを使った卓球に火がついています

私がいない間にかなり練習をしているらしく、家族間での順位は4位・・・

父親の威厳もなく惨敗です( 一一)

しかし子供は呑み込みが早い!!

頭で考えても身体が動かない親、頭と身体の使い方を素早く呑み込み体現する子供

子供に対する良い刺激はやはり伸びる子を作る要因ですね

素直さと柔軟さ、頭も身体も柔らかくすることを求められています

 

さて今日はヨガを体験しました

グループでは「エアリアルヨガ」導入していますが、今回体験したのは「グラビティーヨガ」

知り合いの方がインストラクターをしているため今回体験が実現しました

このヨガの特徴はボルスターという円柱のクッションを使い自重(グラビティ)により優しく身体を緩め、

骨格のアライメントを整えるヨガ

ボルスターというクッションを使うことで初心者でも無理なく身体のポーズが行え、

リラクゼーションや筋弛緩の効果を出せること。

私みたいに身体が固いと、意識がそっちに行き呼吸を整えるのも難しいのですが、

無理なく、頑張りすぎず、自然体で受けることが出来ました

教室はオレンジで統一されていてなんとも落ち着く雰囲気でした

ヨガは五感を通して身体に働きかけることも大切にしているので、この空間づくりも大切ですね。

私たち整骨院がこのヨガをやるポイントは

  1. 普段動かさない筋肉など軟部組織に刺激を加えることによるストレッチ効果
  2. ゆっくりとした空間で自分を見つけることができ身体と対話できる気づき
  3. 空間が作り出す雰囲気によるリラックス効果など
  4. 身体が持っているパワーを引き出すパフォーマンス効果

 

などです

私たちグループの存在意義は「未病の方へのアプローチ」

病気でもない、健康でもない中間の方への取り組みが大事だと考えています

その為、整骨院以外に、デイサービス、アロマテラピーも導入しその未病の方への取り組みを行っています。

最大の治療は予防。その取り組みに答えはありません

まだまだ形にこだわらず目的にぶれずにやり続けたいと思います。

ブラムスグループ求人はこちら

就職相談会参加!

暑い暑い夏を乗り切るにはアイスだ!!

なんて言って子どもたちを巻き込み日々アイスを食べる

アイスを食べると何かすっきりした飲み物が欲しくなる

お腹がいっぱいになると睡魔が襲う・・・

なんとも悪循環に陥りそうなこの夏

あと少しすれば食欲の秋

目の前には誘惑、お腹には脂肪という名の敵・・・

まだまだ私には人生の修行が足りないようです(*´ω`)

 

さて昨日は母校でもある明治東洋医学院専門学校に就職相談会に行ってきました

新人の女性スタッフを連れて

今回も多くの新卒の方とお話をしました

今回感じたのはもっと学校と整骨院などの職場との距離を近くする仕組みが大事だと感じました

学生さんは「学べる環境で自分を成長させたい」

事業者は「志ある先生の卵をしっかりと育て患者さんに満足してもらいたい」

この思いでお互いの接点になるものが就職相談会ですが

やはりこの後の行動に繋げる仕組みが大事ですね

それはやはり受け入れる側の体制

具体的には就職のための見学ではなく、鍼灸院、整骨院というリアルに働く環境を肌で感じる場づくりですかね

私たちグループも基本いつでも見学OKにしていますが、

学生さんにはそのことが伝わりづらくなっていると思います。

養成校の先生ともっともっとそのことを提案し、学生さんが納得して就職できる環境整備が必要ですね

終わりのないことではありますが、まだまだやれることも多く存在します

今回新人のスタッフと共にこの就職相談会で多くのことを話せました

現場にいると何かと忙しい中、今日は学生さんを通し私の言葉が彼女にも少し伝わったのではないかと感じました

「同じ釜の飯を食う」という表現がありますが

私もいかに同じ時間を過ごしたか、またお互いに話をしたかで

相手との距離や考え方の方向性の一致を図ることができると思っています

まずは話す環境そしてその質を追う前に、量を追い何回も何回も傾聴力を持ってお互いに聞きあう。

答えはないがこの行動こそ次のヒントを得る大事なものだとも感じました。

大事な日曜日に一緒にきてくれて感謝です!!

 ブラムスグループ求人はこちら

待ちに待ったお盆休み!!

こんにちは小島です!!

痛みや調子の悪さを抱えている患者さん利用者さんには4日間のお休みは長いかもしれませんが

グループでお盆休みを取らせていただきました。

グループの中には熊本、鳥取、島根、高知など遠方のスタッフも多く、こんな時がないと里帰りできませんので<(_ _)>

私も次男を連れて二人で福岡の実家に帰省!

長男はサッカーのスケジュールが入り予定合わず、嫁もそんな息子に合わせて留守番でした。

今回は男二人の旅!!

もう実家を離れ30年近くなります。実家に行くというより福岡に旅行に行くという感覚ですね。

博多の街も私の小さいころとは本当に変わりました。

この帰省の目的は親に孫の元気な顔を見せること。

父や母の喜ぶ顔が何よりの癒しにもなり本当に心洗われる旅でした。

実家は鍼灸マッサージ院をしているので、今回は実家の診療ベッドを借り父の治療もしました。

子供のころは大きく見えた父もマッサージをすると少しづつ小さく感じてきました。

しかし今まで家族を支えてきたマッサージで鍛えた親指だけは健在です!!

治療をしながらずっとその指を眺め昔を思い出していました

小さいころスコップで父の指を傷つけ怒られたこと

腕相撲したこと・・・。

私がこの仕事を目指した原点を振り返る帰省でもありました。

父が私教えてくれたことは「バランスをとる大事さ」です

何事にも行き過ぎるとその反作用が起こる

いい時もあれば悪い時もある、それすべてが人生であり

それを受け入れバランスをとる行動、思考を心がける

50年以上仕事でこのことを実践し今でも現役の父には頭が上がりません

「知行合一」という言葉があります

「行動を伴わない知識は未完成である」という意味

そして「言行一致」という言葉

「口で言うことと行動が矛盾しない事」

改めて父の行動を見てこれを思い出しました

手本になる人が身近にいる、そしていつまでも心の支えになっている現実

当たり前でなく本当にありがたいと感じます

感謝感謝!!

だからこそ日々精進ですね(#^.^#)

ブラムスグループ求人はこちら


今年もセミナーアシスタント

こんにちは小島です

毎日がうだるような暑さ!夏本番ですね

こんな時だからこそ内にこもり頭を鍛える訓練が必要かもしれませんね

そんな頭を鍛えるのに、皆さんはどのような方法をとるでしょうか?

私は「受けた研修のアドバイザーに入り受講生のサポートをする」です

今回は昨年もやらせていただいた「マネジメント6か月研修」のアドバイザー(正式にはディレクター)にこの7月から入っています。

7月開催12月終了の研修で、毎月2日間がっつりと朝から晩までマネージャーとして人の管理、売り上げの管理の精度を高めるものです。

参加者は製造業、美容業、飲食業、私たち整骨院などの医療など様々です

その中でも管理者として大事な社長、幹部など部下をお持ちの方が多く受講されます。

受け持ちの受講生は8名、みなさん自分が成長し自社にしっかりと良いものを持ち帰ろうと必死です

マネジメントとは簡単に言えば「管理」です。人の管理、売り上げの管理などマネージャーは常に自分ができるだけでなく

部下の成長や成果を管理指導する立場にあります

管理と一言にいっても部下の管理は「人」である以上思うようには進みません

だからPDCAという手法を用い少しずつブラッシュアップしていきます。

現状を分析把握し(問題を見つける)、理想とする状態に対するギャップをどのようにすれば解決するかを5W2Hというやり方を使い毎週チエックする

ここにギャップを埋める大事な要素が隠されていることが多くあります

部下を育成するときになんとなく自分のあいまいな言葉で指導することも多くあると思います

相手に伝わらないばかりか、自分自身や相手のストレスにもなります。

会社でもこのPDCAシートを活用し部下育成や目標管理に役立てています

人生を生きる上で実はこのPDCAシートは欠かせないものでもあります

そのようにしたら成功するのか、自分が理想とする形にできるのかなど人は常に上を目指します

その時に必ずその理想に対する「設計図」を立てることでしょう

受験、クラブ活動での目標、就職、結婚などなど

そこには勢いや安易なやり方に固執していると到達は難しいことを皆さんも体験していると思います。

このPDCAシートは目標は変えずやり方を常に変える手法です。そのためにまず

100%決めたことの実行が大事になります

やらなければ改善できない、そして改善しなければ現状維持になります。

私がこの研修でアドバイザーをすると「覚えたことを教えることが最大の学びになる」と信じているからです

セミナーではインプットはできるがアウトプットできる人は少ないです

なぜか? それはそのような場がなかったり、その場に行かないからです。

人は変化を嫌う動物です、嫌なことからは逃げたい、関わりたくないのも本能の行動でしょう

ここを超えてこそ次もある

受講生と共に刺激し合いながら、この経験を自社に落とし込みたいとも感じます。

ブラムスグループ求人はこちら

ブラムスグループ半期の総会懇親会

こんにちは小島です

最近夏も近づき肌を露出する機会が多いためか、書店の雑誌や書籍も

「ダイエット」「痩せる」をキーワードにした本が多くありますね。

そんな中で目についた本「できる男は超小食」

誰でも知っている芸能人、会社経営者、政治家などの方が

一日一食を実行しているということも書いてあります。

芸能界では星野リゾート社長、星野佳路社長、

ジャパネットたかた、高田明前会長

芸能界では、ビートたけし、タモリ・・・

逆にできない男は大食?!かな?なんて疑問も

大食いの私はこの本から学ぶことも多いような気がします(*´ω`!

「社長は大食いのほうが人と良い関係を築ける」なるタイトルで対抗本を出すのもありかと・・・


さて先日はブラムスグループの半期の総会、懇親会を開催しました

豊中の少路にある人気店SOSHをお借りして開催!!

社長としても尊敬し経営者の仲間として学びあう稲見社長のご厚意で、

本当に楽しくおいしいまた実のある場が出来ました

もともと総会などは私たちトップや幹部が語る場でもありましたが、

今回は全員参加のワークを用いての参加型総会

小島鍼灸整骨院の中村院長が中心になり、笑いあり考える場があり、チームワークを試されるような時間でした。

聞くだけでなく参加をして自分の言葉で語れる場は吸収するスピードが違いますね。

面白くも真剣な場はであるからこそ、次のくだけた懇親会も最高に楽しいものになりました。

私たち幹部の役目はこの「良い場」を作り

そこからチームとして機能する全体最適の人物を作り続けることです。

後半戦はまた熱くなりそうです

何よりも来ていただける患者さん利用者さんへの感動と満足

これが私たちの目指すものであり理念にもなっています

12月の忘年会はみんなでおいしいお酒を飲んでいるイメージが鮮明に映像として思い浮かびます

私たちのグループの強みは「真面目さ」だとも感じています

派手ではないいぶし銀の働きをする仲間の存在です

そんな一人一人にスポットライトを当てるのも私の仕事かもしれません

今年は新人スタッフが7名入っています。

彼らの模範となるにもこの後半はまた挑戦の日々ですね!!

感謝感謝のひと時でした

ブラムスグループ求人はこちら

鍼灸師の新卒採用へ説明会に

こんにちは小島です!!

最近のニュースで注目は、目まぐるしく経済の情勢が変わるイギリスのEU離脱問題ですね

私がちょうどTVでニュースを見ていると1ドルが99円台に!!

さすがにこの円高の勢いは異常ですが、それだけ世の中もスピードを持って動いているということ

変わるのは環境だけでなくそれに合わせた自分の心かもしれないと思う瞬間でした。


さて昨日は森ノ宮医療大学が開催する就職相談会に参加しました。



来年の新卒である4年生や3年生の方々とのお話です。

当たり前ですがまだ4年生でも鍼灸の免許はなく、診療の現場を知らないのが現状ですね。

学びたい気持ちとなかなか現場での体験ができない学生とのギャップは今回感じました。

今回お会いした学生さんには「ぜひ現場の鍼灸院、整骨院を自分の目で見てください」

という言葉をかけました。

それは弊社に入社してほしいということではなく、

まずは自分が働く環境を理屈なく肌で感じていただきたいと思ったからです。

彼らが私の子供だったらどう行動するのか、そんな気持ちかもしれません。


先にも述べたように、今世の中は大きく動き、価値観も多様化してきています。

多様化する中、自分が好きだからこの仕事を選んだは正解ですが、選んだ仕事を好きになれず辞めていく人も多くいます。

大事なのはまず素直に体感してみる。そして自分の心で考える癖をつけることだとも感じます。

今回は弊社デイサービスの管理者も同行させました。

彼は鍼灸師であり柔道整復師であり、大学を卒業しているので社会福祉主事の資格もあります。

最初は鍼灸整骨院で働き、院長になりましたが、自分ができる仕事はほかにもあると

機能訓練型デイサービスを会社に提案しそれが実現しました。

その思いから今は5年の月日が経ちます

選んだ仕事を好きになる、さらに好きの先の満足や感動を与えるには、自分で考える頭も必要になります

人生は選択の連続、今の自分の思考や成果は自分が作り出しているものです。

将来に期待を持つこれらの鍼灸師、柔整師の方には多くの刺激を与えていきたい

そんなことを思い関わった一日でした。

出会いに感謝!!

ブラムスグループ求人はこちら

未来の柔整師、鍼灸師を探しに!

皆さんこんにちは!小島です

今日は私の地元でもある福岡にやってきました

目的はズバリ!!未来の柔整師、鍼灸師を探すために!!

今日は飛行機に乗る時からあいにくの雨模様

蒸し暑さは半端ない感じでしたが、福岡市にある3校の柔整、鍼灸の専門学校に

何のアポもなく突然の訪問にも関わらず、3校の就職担当の方々は温かく迎えていただきました。ありがとうございます!

さすが福岡!!九州の人は情に厚つか~

福岡医療専門学校、福岡天神医療リハビリ専門学校、福岡医健専門学校と回り話をさせていただきましたが、

九州の人はあまり県外に出ないという噂は本当のようでしたね

地元福岡を中心に就職が多く決まるみたいです。

今の福岡の街を見ると大阪や東京都も見劣りしないくらい多くのお店や活気があります。

30年ほど前はまだ福岡には柔整や鍼灸の学校がなく大阪に行くしかないような時代でした。

もし今の環境があれば私も地元福岡に残っていたかもしれませんね。

しかし今は就職希望学生(柔整や鍼灸)一人に対し企業の求人が8社と完全に売り手市場のようです。

道を歩けば整骨院にぶつかる今、それも案外外れていない数字でしょうね

そんな中自社を売り込むにはやはりグループの強みが大事だとも感じました

私たちは整骨院を中心に、デイサービス(機能訓練型)、アロマテラピー、エアリアルヨガと展開をしています。

その業態の違うものの共通点は「未病」をキーワードに治療だけでなく予防にも力を入れているところです。

現代では明らかな疾患で悩むというより、不定愁訴のような病名はつかないが症状に悩む、

健康でもない病気でもない中間の方々の多さを体感します。

そんな人たちに手を使い自分の身体と対話するようなやり方を追求するグループ

それが「ブラムスグループ」です

ブラムスは「ブルーム」(花)の北欧の読み方

人の心に健康という優しい花を咲かせたい。また自分で咲かせる活力ある身体を作り上げてほしい、

そのお手伝いこそが私たちの使命かもしれません。

今は薬やサプリメントで体調を整えることが一般的にもなっていますが

本来は人が持つ自然治癒力を引き出すのが本来の医療の仕事のはず

未病はここが大切だと感じています。

そんなことを語り、多くの仲間と仕事をする環境を作るためにもまた全国を行脚します。

ブラムスグループ求人はこちら

 

 

整骨院業界での心の友

こんにちは小島です

昨日はがっつりとグループの幹部会議、月に一度ある会議には熱が入りますね!!

思いが熱すぎると相手に伝わりにくいと分かっていても、ついつい語ってしまう自分がいます。

人は自分のことは分かってほしい、ましてや上に立つものは「分かってほしい」ではなく

「なぜ俺のことが分からないのか」になります。いつも会議の後は反省する毎日です

「人間だもの仕方ない」なんて勝手に名言を作り繰り返しているところは、まだまだ不完全ですね(*´ω`)


さて先日は久しぶりに3人での飲み会がありました

約13年ほど前の出会いになりますが、セミナーを通しての出会いにて整骨院の先生お二人と仲良くなりました

当時の整骨院業界はまだまだ横のつながりも薄いものでしたので、

こうして本音で語り合える方との出会いはありがたかったです。

当時は私も含め、お二人とも院長として現場に入り一院で頑張っていましたが、

今では大阪でも大きな整骨院グループになり部下の育成を現場外で行っています。

大きくしたから成功とは思いませんが、一つ言えることは「自分の言い続けたことを実現した方」です

私もいろんな経営者や異業種同業種の方を見てきましたが、「成功」という定義の中で共通するのは

「思考を現実化させる力がある人」です

その原動力には「いつまでもあきらめない気持ち」「誰よりも夢を信じる力と行動力」がある人。

そんな方と会話の中にはいつも仕事をする上でのヒントが沢山あります。

「何を学ぶかも大事だか、誰と学ぶかも大事」と言われるように、私はこのお二方との時間は本当に大事な時間と感じています

いろんなセミナーも受けてきましたが、最近は取り入れるではなく精査して自分の形に作り上げる時期だとも感じています。

私は一人でじっと本を読むことも好きですが、こうしてお互いの成長を共に歩み楽しみながら飲む酒の中にこそ、

継枝の活力と自分を見つめなおす場があると信じています。

良い友と酒と思い出

大人の男にとって最高の時間ですね!(^^)!

いつまでもこんな時間を共有したいです。

ブラムスグループ求人はこちら


整骨院での技術練習

こんにちは、小島です

最近はいろんなものが進化し、できないことがないくらいに技術が進歩していますね。

そんな文明の利器に私も恩恵を受けている一人です。

それはスマートフォンの「音声認識機能」です!!

喋ったことを文字にしてくれる、文字おこしアプリですね

これはかなり重宝しています。

特に車の運転中でアイデアが浮かんだ時や、書くには文字数が多く忘れてしまいそうなとき

この機能は手放せません!(^^)!  まだまだ文字の変換に誤りはありますが私には許容範囲。

そのうち授業もノートをとる時代が終わるかもしれませんね~ 

便利すぎて携帯がなかった10代20代前半の生活を既に忘れてます(*^^)

さて5月も終わりに近づき、新人の先生の技術練習にも熱が入っています!!

私たちの仕事は身体のことを理解し、それを手で表現する仕事です。

患者さんの状態を把握する「手」はある面センサーでもあります。

この手を鍛えるには実は頭も鍛えなければなりません。

患者さんが気持ちいいという手技やマッサージは新人の先生のスタート地点です

気持ちよさの先にある本当の患部を探す力やマッサージと共に安心感を与える技術には

毎日の絶え間ない練習の中で常に考えフィードバックする毎日が必要です。

座学でもわからない、ただ練習をしただけでもわからない中で、あるときつながりが出て

技術と技術の点と点、知識と知識の点と点が結びつき線になり

その線が太くなると面になり、技術知識を本物にしてくれます。

この感覚が分かれば技術者として王道を歩む第一歩を歩き出します

サンクトジュペリの「星の王子様」の一節にこんな言葉がありますよね

「本当に大切なものは目に見えない」と

私たちの大事にする「技術」は目に見えない努力とホスピタリティーに支えらえて輝きます

見えるもの、すぐに成果結果が出ることを大事にしがちな世の中ではありますが

私たちの仕事はその大事なものを忘れずに日々精進したいものです

私も新人も白衣を着ればプロ。

いつまでも素直に目の前の患者さんに一生懸命でありたいです。

ブラムスグループ求人はこちら

整骨院では学べない、経営者の全国大会

一年のうちでも本当に新緑が映えるいい時期になりました

先日は次男と二人でフライパンとキャンプ用のコンロを持ち出し近所の緑地公園でミニバーベキュー

中々いい時間を過ごせました!(^^)!

さて私は社長という役職でもありますので、日ごろから同業種、異業種の経営者の方とお会いすることが多くあります

経営者の会にも毎月4~5回は何らかの形で参加をし例会など講演会の下準備もします

そんな経営者が集まる全国大会が毎年あるのですが、今年は新潟にて開催!!

私にとっては初の新潟です

飛行機から新潟に向かう空からは、まだ頂上付近に雪が残る北アルプスの山々が見えています

そうするうちに新潟空港への着陸態勢!見渡す限り田んぼです

さすが米どころ!! 全国大会後の食事のことですでに頭はいっぱいです(*´ω`)

ここ新潟市は約80万人の都市、私が住む豊中市が40万を少し切る人口ですので約二倍!!

空から見る見渡す限りの田んぼからは想像がつきませんが

さてこの全国大会はいろんな講演者の方から話をいただくのですが

今年は2日目に「我武者羅應援團(がむしゃらおうえんだん)」というプロの応援団の話がありました

まあ余興というつもりで事前に構えていたら、この応援団の話や応援が半端なく「本気」を感じるんです

まさかの涙でした、それもかなりの大泣き

この全国大会ではいろんな方の話を聞いて次の一手をとつい「手段」を学ぶことが多かったのですが

今回はこの我武者羅應援團から「人は理屈ではなく、人を思う感性で動く」のだと感じさせられました

人のために動く、人のために心から応援する、あるいは叱る

その行為は一見不格好にも見えますが、本当は一番人として輝いているときかもしれませんね

何がなんでもやるんだ!こいつを守るんだ!必ず成長させるんだ!患者さん利用者さんを満足させるんだ!!

そこには私たち整骨院やデイサービスが一番大切にしなくてはならない、魂の叫びも感じました。

時間があればYouTubeなどでもアップされてますので「我武者羅應援團」で検索し観てください。

私たちが忘れている大事なものを再確認させてくれるかもしれません

ブラムスグループ求人はこちら