ブラムスグループの代表ブログ

小島鍼灸整骨院20年

こんにちは小島ですこの3月17日をもちまして小島鍼灸整骨院は20年を迎えることが出来ました。院が続くということはまだまだ健康面で悩んでいる方がおられるという証拠でもありますね。この20年は変化の連続でもありました

小島鍼灸整骨院誕生の経緯

福岡生まれの私は福岡に帰るという判断をせず大阪の地に残り

自分で開院する道を選びました。27歳のころ

最初は私と受付2名のスタート

自分はいつまでも院長として現場に立つんだと意気込んでいた頃でもありました

整骨院展開の時期

今から12年前の平成17年3月に小島鍼灸整骨院以外で初めて整骨院を作りました

それが服部にある「ひまわり整骨院」です

その後尼崎院、曽根院と展開し整骨院の展開を一年ごとに行いました

今もこの形が残っています

機能訓練型デイサービスを作る

整骨院は通院型が基本ですが、整骨院に来れなくなった患者さんの中には

介護を必要とする方も多くおられました

そんな方々に向けての新たな取り組みが

曽根にある「フラワーデイサービス」になりました

介護度を上げない、自立した毎日を送っていただきたいそんな思いをこの施設に託しています

アロマテラピーの導入

私は鍼灸師としてのスタートだったので五感を刺激する、また身体全体を見た施術がしたく

このアロマテラピーを小島鍼灸整骨院に導入しました

4年前にキャンペーンとして導入しましたがそれが今では一施術としての形を作るまでになりました

ヨガの導入

ヨガもアロマテラピー同様身体全体を呼吸を整えながらメンテナンスするもの

自分との対話や深く瞑想することで自分の中にある自然治癒力を高める効果があります

このヨガを導入することで整骨院との連携や未病への対応に幅が出来ました

今後の展開

私は常に生涯テーマを掲げ歩んでいます

それは「未病への取り組み」

病気でもないでも健康でもないそんな中間に位置する「未病」という領域

今の日本人は身体が疲れているというより内面の心が疲れいていることが多いと思います

そんな方へ私たちは「手」を中心に施術をすることを一番大事に考えています

これからもいろんなカテゴリーでの展開を考えると思いますが

そこには必ず身体のメンテナンスを必要とする方に目を向けるものをもってきます

微力ではあるが無力ではない私たちの取り組みを、また20年先を見つめて頑張りたいと思います