ブラムスグループの代表ブログ

整骨院での技術練習

こんにちは、小島です

最近はいろんなものが進化し、できないことがないくらいに技術が進歩していますね。

そんな文明の利器に私も恩恵を受けている一人です。

それはスマートフォンの「音声認識機能」です!!

喋ったことを文字にしてくれる、文字おこしアプリですね

これはかなり重宝しています。

特に車の運転中でアイデアが浮かんだ時や、書くには文字数が多く忘れてしまいそうなとき

この機能は手放せません!(^^)!  まだまだ文字の変換に誤りはありますが私には許容範囲。

そのうち授業もノートをとる時代が終わるかもしれませんね~ 

便利すぎて携帯がなかった10代20代前半の生活を既に忘れてます(*^^)

さて5月も終わりに近づき、新人の先生の技術練習にも熱が入っています!!

私たちの仕事は身体のことを理解し、それを手で表現する仕事です。

患者さんの状態を把握する「手」はある面センサーでもあります。

この手を鍛えるには実は頭も鍛えなければなりません。

患者さんが気持ちいいという手技やマッサージは新人の先生のスタート地点です

気持ちよさの先にある本当の患部を探す力やマッサージと共に安心感を与える技術には

毎日の絶え間ない練習の中で常に考えフィードバックする毎日が必要です。

座学でもわからない、ただ練習をしただけでもわからない中で、あるときつながりが出て

技術と技術の点と点、知識と知識の点と点が結びつき線になり

その線が太くなると面になり、技術知識を本物にしてくれます。

この感覚が分かれば技術者として王道を歩む第一歩を歩き出します

サンクトジュペリの「星の王子様」の一節にこんな言葉がありますよね

「本当に大切なものは目に見えない」と

私たちの大事にする「技術」は目に見えない努力とホスピタリティーに支えらえて輝きます

見えるもの、すぐに成果結果が出ることを大事にしがちな世の中ではありますが

私たちの仕事はその大事なものを忘れずに日々精進したいものです

私も新人も白衣を着ればプロ。

いつまでも素直に目の前の患者さんに一生懸命でありたいです。

ブラムスグループ求人はこちら

整骨院では学べない、経営者の全国大会

一年のうちでも本当に新緑が映えるいい時期になりました

先日は次男と二人でフライパンとキャンプ用のコンロを持ち出し近所の緑地公園でミニバーベキュー

中々いい時間を過ごせました!(^^)!

さて私は社長という役職でもありますので、日ごろから同業種、異業種の経営者の方とお会いすることが多くあります

経営者の会にも毎月4~5回は何らかの形で参加をし例会など講演会の下準備もします

そんな経営者が集まる全国大会が毎年あるのですが、今年は新潟にて開催!!

私にとっては初の新潟です

飛行機から新潟に向かう空からは、まだ頂上付近に雪が残る北アルプスの山々が見えています

そうするうちに新潟空港への着陸態勢!見渡す限り田んぼです

さすが米どころ!! 全国大会後の食事のことですでに頭はいっぱいです(*´ω`)

ここ新潟市は約80万人の都市、私が住む豊中市が40万を少し切る人口ですので約二倍!!

空から見る見渡す限りの田んぼからは想像がつきませんが

さてこの全国大会はいろんな講演者の方から話をいただくのですが

今年は2日目に「我武者羅應援團(がむしゃらおうえんだん)」というプロの応援団の話がありました

まあ余興というつもりで事前に構えていたら、この応援団の話や応援が半端なく「本気」を感じるんです

まさかの涙でした、それもかなりの大泣き

この全国大会ではいろんな方の話を聞いて次の一手をとつい「手段」を学ぶことが多かったのですが

今回はこの我武者羅應援團から「人は理屈ではなく、人を思う感性で動く」のだと感じさせられました

人のために動く、人のために心から応援する、あるいは叱る

その行為は一見不格好にも見えますが、本当は一番人として輝いているときかもしれませんね

何がなんでもやるんだ!こいつを守るんだ!必ず成長させるんだ!患者さん利用者さんを満足させるんだ!!

そこには私たち整骨院やデイサービスが一番大切にしなくてはならない、魂の叫びも感じました。

時間があればYouTubeなどでもアップされてますので「我武者羅應援團」で検索し観てください。

私たちが忘れている大事なものを再確認させてくれるかもしれません

ブラムスグループ求人はこちら