ブラムスグループの代表ブログ

整骨院、デイ技術勉強会

こんにちは小島です

一月はお正月もあり始まりも遅く終わりも早い月ですね

早半月が過ぎました

グループでは今年から月に一回は必ず全診療スタッフが集まり、顔と顔を合わせての技術研修を行うことになっています

各院ではこの取り組みは毎日行われているのですが、

全体で集まると今まで当たり前になっていたことが、当たり前でないことにも気づけます。

人はなかなか自分を俯瞰して見れないため、こうして他社の複数の目で確認しビデオで確認することで

格段に技術や考え方の基礎作りになると信じています

また各院で行われている朝礼を今回は全体で実施しました。

これも毎日の取り組みの中に違う風を入れることで、気づきや成長が違ってくるとみての取り組みです

私たちは、数式のようにい「1+1=2」みたいな生き方や仕事の仕方はできません。

逆に1+1=3や100になる毎日の連続かもしれません

1+1=2にしなければという考えや、これ以外考えられないという仕事をしていると

人の気持ちややり方に固執する結果も生まれます

人生はイレギュラーの連続、未体験の連続だからこそそれに立ち向かえ、柔軟な発想ができる人材も求められます

人と人が集まればいろんな意見や考えにぶつかります、

その意見をまず受け入れてみることも学ぶ大きな意味かもしれませんね

こうして学べる機会に、また少しでも成長したいと行動するスタッフに心から感謝!!

ブラムスグループ求人はこちら

ブラムスグループ新年を迎え


皆さんあけましておめでとうございます

今年は暖かい中1月が始まりましたね

正月は本当に過ごしやすく久々にゆっくりと過ごすことができました

グループのスタッフもみんな元気に出勤

一年のスタートを気持ちよく切ることもできました

さて一年の計は元旦にありなんて言いますが、グループでは昨年の総会にて次年度の方針を確認しました

そのグループ方針は

 「商品力を高め、個々の力をチーム力に繋げる」

~顔と顔を合わせ業績が上がる良い社風の構築~

会社は組織であるので組織には3つのことが大切といわれます

①共通の目的

②協働の自発性

③コミュニケーション


私たちの共通の目的は大きく言えば

理念の「みんなが良かったの実現、スタッフ、患者様、利用者様の感動と満足の追及」です

それをもとに作られるのが上記のグループ方針

仕事の本質は困り事の解決だとよく言われますが、私たちの仕事では身体に不具合をお持ちの方へのアプローチだと思います。

だからこそ治療技術や最新の医療知識を入れる「商品力を高め」は必須条件です

また商品力はスタッフ一人一人の健全性の向上や考え方の質の向上にもつながります

いい技術、知識があっても、それを使う人に健全性がなければ私たちの仕事は成り立ちまっせん

それは人(患者さん、利用者さん)と人(スタッフ)とが常に関わり合う場で仕事をするからです

そしてこの下地をもとに個人で働くのではなく個の力をチームに与え続け相乗効果を出す

意外と一人でする仕事は1馬力しか出ませんが、複数の人が目的を同じにし共に助け合いながら動くと思う以上の力が出るもの

そんなチームを作るには、理屈よりもやはり顔と顔を合わせコミュニケーションを取ることも大切です

昨年以上に意味のある技術研修、ミーティング、飲みにケーションを通し一人一人が輝けるグループを作りたいと考えます。

私たちの会社は「先義後利」の考え方で進みます

いい技術、いいサービスを提供するからこそ、必要とされるグループが生まれ、そのことが自分たちの利益にもつながる。

社風とは社長が作り出すものといわれますが、それは決めた年度方針を理念と共にどれだけ自分自身が実践するかだとも思います

子は親の背中を見て育つ、スタッフも幹部や社長の姿を見て育ちそれが社風になります。

一年を通し患者様、利用者様、そしてスタッフに信頼され愛され続けるグループを目指し続けます

ここまで読んでいただきありがとうございます

一年の初めに抱負を述べさせていただきました(*^^)v

人事を尽くして天命を待つ!!

しっかりと氏神様へのお参りもしたので今年は飛躍の年になるでしょう!!

感謝!!


ブラムスグループ求人はこちら