鍼灸整骨院・デイサービス

整骨院 思考の習慣

こんにちは小島です

私の朝はスムージーを作ることから始まります

いつも一人分約500mlを作り飲むのが日課です

バナナ、ミニトマト、ヨーグルト、小松菜、セロリ、リンゴ、ブルーベリー等々

野菜をそのまま食べるのと、一工夫して食べやすく(飲みやすく)するのでは朝の気分も違いますね。

おいしいと健康を両立する生活を毎朝模索しながら楽しんでいます!(^^)!

 

さて今日は「思考の習慣」というお題から

私は常々「思考が現実を作る」と心から思っています

今起こっていることは自分が作り出したこと、偶然はなく必然であると

その中で大事にしていることは「まず自分が信じたことを行動してみること」

多くの人は、「ああなりたい」「目標はこれだ」と頭や言葉ではいくらでも想像し言うことはしますが、

実際の行動になると躊躇したり、動かないことがほとんどです。

頭では行動しないと思い、行動しない現実には

やることがめんどくさい

やるリスクがある

やっても見返りがない

などのいくつもの理由があるでしょう

簡単に言えば憧れではあるがあるいはそうなればいいがその必要はない

変わらなくても何とかなるという思い

これはこれで生き方ですよね

ただ誰が何と言おうと自分自身の素直な心までごまかすことはできません

本当に自分が目指すものは、今の自分はなりたい自分か

それを無視して目指す自分は見つかりません

思考を習慣化と書きましたが、自分を見つめること、深く内観することは何よりの仕事かもしれません。

今の社会どうしても他者比較をし良い悪いを判断する傾向にあります

経済活動や競争原理が働いている中でこれを完全否定はできませんが

それのみを続けると自分自身が疲弊します。

人生は自分探しと言いますが、思考を良くするには他から何かを持ってくるのではなく

自分の内面に目を向けてみる。そこにこそ答えになるヒントが隠されていると思います

毎日多くのスタッフが現場で働いています。

患者さん利用者さんを触る手は自分の今の思考の延長です

私は現場にいない分、ここの考え方は伝えていきたいと考えています

やり方ではなくあり方

大事にしたいポイントです。

ブラムスグループ求人はこちら