ブラムスグループの代表ブログ

リーダーシップを考える

最近めっきりと日が暮れるのが早くなり秋の訪れも感じるようになりました

この時期は来年の新卒採用に向けての動きが活発になる時期ですね

弊社も来年はまた新たな仲間を探して学校や就職説明会に参加

この「ブラムスグループ」に少しでも興味があれば気軽にお声掛けくださいね!(^^)!


さて表題の「リーダーシップ」

この言葉の意味、解釈はいろんな本を読んでも沢山あります

先日読んだ本には「何かを改革し、開始する力」と書かれていて

優れたリーダーは目標や方向性、目的、ビジョン、夢、道のりを定めるという意味とも書かれてありました

クラブ活動において例えば野球をしていたとして、目標はと聞かれると大抵の人は「試合に勝つこと」「野球が上手くなること」

「プロ野球選手になること」などを言います

この時リーダーは「ああそんなんだ、頑張れよ」という声かけをする人ではなく

「試合に勝つと言うけどチームではは甲子園出場が目標だから、どのような練習が効果的かな?」と目標の明確化と同時に

そこに行くための具体的方法を、教えるのではなく引き出すことをする

私はこのような人をまずリーダーとして認めるようにしている

チームがどこを目指すのかを明確にし、そのために何を準備し行動しないといけないかを相手に考えさせる

出来るリーダー程、相手に自分の成功体験を教えそれを強要する癖もある

リーダーシップという言葉と同時によく「コーチング」という言葉も頻繁に使われます

コーチングとは「大切な人を今いるところからその人が望むところまで安全に送り届ける」という意味です

チームメイトが目標を達成するために関わりサポートすること。

私たち幹部以上の仕事は正にこのリーダーシップとコーチングの連続です

どの山に登るかを明確にし、準備し行動する、途中で挫折しそうになっても相手を見てサポートし勇気づける

私たち整骨院やデイサービス、ヨガ、アロマの仕事は患者さん、利用者さん、お客さんと常に接すている仕事ですが

身近な仲間とも多くの時間を接しています

リーダーシップやコーチングは院長や施設長、店長が常に取らないといけないことはありません

仲間が相互に補完しあい目標に向かっていくチームこそ最強のチームだと思います

私は強いリーダーより、考えが柔軟で何にも対応できるしなりがあるリーダーを求めます

時代が変わっても変化対応できるカメレオンのようなリーダー

強いものが残るのではない変化対応できるものが残るのだという言葉にあるように

自分自身の頑張りだけでなく周りを巻き込む力が必要かもしれませんね

新人の方は入社し、先輩と切磋琢磨し成長する姿を早く見たいものです

4大学合同就職説明会

こんにちは小島です

夏も目の前、プールに入りたい気持ちにウキウキ!!

来年の新たなスタッフとの出会いにウキウキ!!

ということで今日は今季卒業の鍼灸、柔整師の大学の合同就職説明会に行ってきました

今回はアロマテラピーの担当、市原と共に

近畿圏の明治国際医療大学、関西医療大学、森ノ宮医療大学、宝塚医療大学の4校

4校の学生が一気に集まるため今までにない学生数!かなり驚きました

私たち整骨院側のブースも多く参加していましたね

今回も多くの学生の方とお話をする機会があり沢山の刺激をもらいました

まだこの業界を現場で知らない学生だからこそ、今の学生の本音も聞きたい感じ臨んだ説明会

大きく私たちのころと違う点は

「貢献」「人の役に立ちたい」という人が多いということです

私たちのころもそんな思いは勿論ありましたが、その前に技術を学びたい、

将来開業する力が欲しいとある面ガツガツした気持ちのほうが多いような感じでしたが

面接をする方々はその「貢献」「役に立ちたい」という意欲が高いように感じました

私たちの所に就職せずにも、この卒業生は全員整骨院や鍼灸院、また介護施設での機能訓練指導員、

医療の現場で患者さん利用者さんに接する人たちです

私は面接をしていて、「自分の所にぜひおいでよ」ということより

「いろんな整骨院、鍼灸院を自分の目で見ておいでよ、私の所も就職で見学ではなく

先輩の院に見学に来たつもりでおいで」

話をしました

今この業界は正直質の低下が起こっているようにも感じます。

エビデンスのない治療、どことなく仕事ではなく稼ぐだけの手段になっている院、グループ会社

私たちの仕事で忘れてはならないのが「健康で困っている人を助ける仕事」ということ

私の仕事観は「仕事とは困りごとを解決すること」です

就職説明会をするたびにこのことを思い出し、自分が就職のために回らせていただいた25年前を思い出します

次のこの業界、ひいてはこの医療を支えていくのは今の若い彼らです

技術と共に質を上げる教育も大事だと感じました

良い思考は良い言動を生み、それが成果として現れます

成果の大事なところは会社や個人の利益でなく、まず患者さん利用者さんの喜ぶでもあるはずです

いつもこの就職説明会では発する自分の言葉に初心を思い出します

ありがとう、そしてここから共に働く仲間が出ることを期待します

ブラムスグループ求人はこちら

顔と顔を合わせるコミュニケーション

こんにちは小島です

5月になるとなんとも清々しい日々が続きますね

そんな日には外に出てリフレッシュ!!ということで

先日グループの皆と服部緑地公園にてバーベキューを開催しました

整骨院、デイサービス、アロマ、ヨガなど今回の参加者は総勢25名、

これだけの数になると飲み物も肉の量も半端ないです(*^-^*)

しかし職場で見る顔と違った側面を観れやはり顔と顔を合わすことの大切さ

直に話をしてその言葉から感じるその人の人となりを知ることの重要性も再確認しました

「コミュニケーション」とは誰でも大切なこととはわかりますが

一人一人にこの「コミュニケーションって何?」って聞いても出てくる答えは違います

スタッフと話をしていても自分の大切にしているポイント、哲学はまあいろんな考えがあるんだなというほど違い

ものを見ているポイントも違っています

私はコミュニケーションの中で大切なポイントはいくつかあると思いますが

その大切なポイントの中に「違いを認める」というのがあると思います。

今自分が信じていること、大切にしているものは他人からどう言われようがそれが「自分」です

まずはそれを認めること、そして深いところでは自分自身もその自分の考えを認める承認が必要です

そこから素直さを持ち俯瞰して自分を見ることで成長や次へのステップに行けるものだとも感じます。

コミュニケーションはつい相手ありきになりますが「セルフコミュニケーション」というように自分に向き合う

もう一人の自分と向き合う時間、場も大切になります

私たちに仕事は患者さん、利用者さん、お客さんと様々な人と向き合います

人と関わることを辞めれない仕事だけに「人を好きになる努力」「この仕事を好きになる努力」も必要です

「努力」と書くとやらされ感にうつるかもしれませんが形から入り心を整えることもやり方です

コミュニおケーションの根底には「愛」が必要です

私は人と接し心から語る場があればこの「愛」ははぐくまれると感じます

今回のバーベキューは心から楽しめました

こんな場を通してまたいろんな人といろんな話をして理屈なく知り合いたいなとも感じます

ここにいるスタッフ全員の成長が私の喜びである

そんなことを再確認できたひと時でした 感謝

整骨院、デイサービススタッフ募集中!!

こんにちは小島です

桜が咲く時期ですがまだまだ寒いですね

しかし食い気だけは健在

大盛無料、肉50%増しなんて広告はなぜか必ず視界に入る今日この頃です

さて春はスタッフの異動や入退者も多くなります

4月は自分の人生を新たにスタートさせる時期でもありますね

いい意味で会社や院が活性化する時でもあります

そんな私たちの会社もスタッフを募集しています

柔道整復師、鍼灸師、社会福祉士、介護福祉士、アロマ、ヨガのインストラクター・・・

今回は服部、曽根にあるひまわり整骨院の2院の受付

そしてデイサービスの介護スタッフさんです

私は約25年前に整骨院に初めて就職しましたが、

不安な中で先輩からの小さなアドバイスや思いやりの言葉が今でも残っています。

人は一人で生きるよりも複数の人と、そしてその複数の人が相手を思いやるような

そんな組織にいたいと感じるのではないでしょうか

頑張るだけでは持たないときに仲間の励ましや時には飲みに行って愚痴を聞いてもらう

本当の仲間は困っているときにそっと支えてくれるような人かもしれませんね

25年前の自分自身の体験をもう一度思い出しながらこの新たな出会いにわくわくもしています。

「仕事」とは人が困っていることを解決するものと私は思っています

自分が満足できる環境であるなら少しだけでも相手に心を寄せてみる、支えてあげてみる

私たちの仕事は技術職でありながらその心の部分が大切になります

未経験でもその心が見えたとき私たちはその方との縁を大切に一緒に仕事をしたいと思います

出会いをお待ちしています!!

ブラムスグループ求人はこちら

小島鍼灸整骨院20年

こんにちは小島ですこの3月17日をもちまして小島鍼灸整骨院は20年を迎えることが出来ました。院が続くということはまだまだ健康面で悩んでいる方がおられるという証拠でもありますね。この20年は変化の連続でもありました

小島鍼灸整骨院誕生の経緯

福岡生まれの私は福岡に帰るという判断をせず大阪の地に残り

自分で開院する道を選びました。27歳のころ

最初は私と受付2名のスタート

自分はいつまでも院長として現場に立つんだと意気込んでいた頃でもありました

整骨院展開の時期

今から12年前の平成17年3月に小島鍼灸整骨院以外で初めて整骨院を作りました

それが服部にある「ひまわり整骨院」です

その後尼崎院、曽根院と展開し整骨院の展開を一年ごとに行いました

今もこの形が残っています

機能訓練型デイサービスを作る

整骨院は通院型が基本ですが、整骨院に来れなくなった患者さんの中には

介護を必要とする方も多くおられました

そんな方々に向けての新たな取り組みが

曽根にある「フラワーデイサービス」になりました

介護度を上げない、自立した毎日を送っていただきたいそんな思いをこの施設に託しています

アロマテラピーの導入

私は鍼灸師としてのスタートだったので五感を刺激する、また身体全体を見た施術がしたく

このアロマテラピーを小島鍼灸整骨院に導入しました

4年前にキャンペーンとして導入しましたがそれが今では一施術としての形を作るまでになりました

ヨガの導入

ヨガもアロマテラピー同様身体全体を呼吸を整えながらメンテナンスするもの

自分との対話や深く瞑想することで自分の中にある自然治癒力を高める効果があります

このヨガを導入することで整骨院との連携や未病への対応に幅が出来ました

今後の展開

私は常に生涯テーマを掲げ歩んでいます

それは「未病への取り組み」

病気でもないでも健康でもないそんな中間に位置する「未病」という領域

今の日本人は身体が疲れているというより内面の心が疲れいていることが多いと思います

そんな方へ私たちは「手」を中心に施術をすることを一番大事に考えています

これからもいろんなカテゴリーでの展開を考えると思いますが

そこには必ず身体のメンテナンスを必要とする方に目を向けるものをもってきます

微力ではあるが無力ではない私たちの取り組みを、また20年先を見つめて頑張りたいと思います

ヨガスタジオCORE豊中オープン前

皆さんこんにちは小島です

今年は私にとって「動」の年、この動くを形にするために豊中に新たな施設を!!

「ヨガスタジオCORE豊中」オープンです

場所は豊中市本町1-8-2日住豊中本町ビル4階

グランドオープンは3月1日ですが、一足先に整骨院の患者さんやCORE池田の既存のお客さんに向けての

プレオープンを2月22日から開催いたします。

私が仕事でやることは「未病への取組み」です

このヨガはまさにその取り組みには理に適うもの、女性は健康と美を両方手に入れることができる

本当の綺麗は「内からの綺麗」が欠かせません

このヨガは主に関西では数少ない「エアリアルヨガ」を主体に様々なコースを用意しています

内装はウッド感を出した落ち着いた雰囲気

今日はファブリック(エアリアルで使う布)を豊中店に設置しました

ファブリックを入れるとヨガスタジオとしての雰囲気が断然出てきました

この豊中店は「女性限定スタジオ」になります

ただ知っている人同士のグループやペアでのレッスンなどは男性もOKです

エアリアルヨガはアクティブな印象があると思いますが、

初心者向けや初めてのエアリアルの方向けのクラスも多くあります。

そしてヨガは何より自分と向き合う大事な時間でもあります

照明を暗くしてヒーリング音楽に耳を傾け呼吸を整える

そんな時間も忙しい現代の私たちには必要かもしれませんね

是非気軽にこの「ヨガスタジオCORE豊中」に訪れてください

大人の時間を過ごせると思います!!


新年に信念を込めて

皆さんあけましておめでとうございます

今年の正月は穏やかな天気が続き本当に正月らしくゆっくりとした時間がながれました

一年をいい年にするにはこの1月の動きは大切ですね

毎年そんな思いを胸に秘め頭では分かっているけど行動がついていかない毎日を過ごしている人も多いはず

私たちグループもそんな空気に負けじと「技術勉強会」からのスタートです


医療を行う上で忘れてはならない事それは「健全な価値観」と「あくなき技術の追求」だと思います

私たちは手で症状にアプローチする以上、座学の知識も含めこの技術を極めるという心意気が大切になりますね

多くの人に健康でよかったと思えるこの学びは、今年の一年を通し当たり前のようにやる仕事の一部です。

学ぶ事は当たり前の基準も自然と上げてくれます

私たちは年を重ねるごとに、「自分のため」から「関わる人のため」と比重を多くしなければなりません

それが人生の自然な流れであり、そうすることでまた良い技術も継承されます

今年も「素直さ」「思いやり」「向上心」を忘れずに人に関わり続けたいと思います。


ブラムスグループ求人はこちら

一年の締めくくり

こんにちは小島です

今年も残すところあと僅か

一年という時間は年と共に早く感じます

さて今年もブラムスグループ忘年会を締めくくりに行いました

こうして皆と集まり一人一人の顔を見るといろんなことが頭をよぎります

特に今年入社の新人の先生、受付さんなどは、慣れない中での仕事を一生懸命にされました

自分の一年目を思い出す本当に素晴らしい一年でした。感謝感謝

今年の方針は

「商品力を高め、個々の力をチーム力に繋げる」でした。

商品力は言わずと知れた技術力でもあります

一人一人の患者さん、利用者さんへの質の高い医療をいかに提供するか

そのものを追求する一年にするというもの

この商品力に終わりはないのですが、この一年の過程で来年は豊中にヨガスタジオ2店舗目をオープンいたします

私たちの強みは、身体のことを分かり直にアプローチできる点

一人一人の身体を診て判断できる強みがあります

今までも整骨院から始まり、デイサービス、アロマテラピーと体に対するアプローチを変えながら

「未病」「予防」「痛み」「不調」に対する取り組みに実直に取り組んでまいりました

昨今ヨガは習い事の中でもNO2に入るくらいに人気であります

私たちは人気であるということで始めるのではなく、あくまでも身体を整え健康のサポートととしての手段の一つと考えています

そのためインストラクターの方もヨガのスキルだけでなく、解剖学、生理学などを学んでいただきます。

ブラムスグループはそういった健康へのアプローチを増やし、一人でも多くの方に生き生きと毎日を送っていただくことが

何よりの企業使命と考えています

一年を締めくくりまた来年は挑戦の一年です

来ていただいている皆さんへの感動と満足をこれからも忘れずに追い求めていきます。

今年もありがとうございました!!


柔整師、鍼灸師就職説明会

皆さんこんにちは

秋も少しずつ感じる今日この頃ですね

秋は食欲の秋ですのでついつい食べ過ぎる季節

私は先日病院で血液検査をしました

前回からかなり時間が経ってしまい行くことが苦痛な中

えいやーと病院を受診

検査結果は大方良好でが中性脂肪が・・・

いわゆる脂肪肝でフォアグラ状態

一カ月は炭水化物を少し控えめにし次回の検査では正常値に行きたいものです

食欲の秋は食べ物を選びまた秋の紅葉を運動をしながら楽しみます

 

さて9月は明治国際医療大学、宝塚医療大学の2校の就職説明会に行ってきました

両校とも同級生が先生になっていたり、知り合いの先生がいらしたりと時代の流れを感じます。

今回も多くの学生さんとお話をさせていただきました。

今回学生さんの特徴は「自分でコンセプトややりたいことの形を持って臨まれてる」ことでした。

アロマを通し鍼灸とコラボさせたい。柔道整復師の免許はあるが整骨院での勤務ではなくデイサービスでの勤務をしたい。

モーションパルペーションを使った手技をしたい等など

こうやって目的や目標を持って臨むことは大切ですね

逆にそのためのはもっと自分たちの強みを相手に分かりやすく説明したりホームページで訴追してみるのも大切だと感じました。

今回私たちからお伝えしたのは

「どんな技術をするかも大事だが誰と仕事をするかはもっと大事にしてほしい」という内容

技術は疎かにはしませんが技術である限り日進月歩するのが常

現状に満足するのではなく頭を柔らかく常に向上心を持ち望むことが大切になります。

そのためには関わる仲間が必要です

時には厳しくまた兄弟や親子のように近い存在で相談でき知恵を与えれくれる存在

私は常々「思考の質が現状の成果を作り出す大事な要素」と考えています

今回も数名の方に内定を出させていただきました

多くの新卒を取ることはありませんが、その為に一人一人の顔が見える教育や接する機会を大事にしたいと考えています。

まだ来年に向けて数名新卒の採用を行います

見学はいつでも大丈夫です

各院に直接お電話ください。

学び実践し高め合う派手ではない地に足のついた環境で一緒に成長しましょう。

ブラムスグループ求人はこちら

整骨院 思考の習慣

こんにちは小島です

私の朝はスムージーを作ることから始まります

いつも一人分約500mlを作り飲むのが日課です

バナナ、ミニトマト、ヨーグルト、小松菜、セロリ、リンゴ、ブルーベリー等々

野菜をそのまま食べるのと、一工夫して食べやすく(飲みやすく)するのでは朝の気分も違いますね。

おいしいと健康を両立する生活を毎朝模索しながら楽しんでいます!(^^)!

 

さて今日は「思考の習慣」というお題から

私は常々「思考が現実を作る」と心から思っています

今起こっていることは自分が作り出したこと、偶然はなく必然であると

その中で大事にしていることは「まず自分が信じたことを行動してみること」

多くの人は、「ああなりたい」「目標はこれだ」と頭や言葉ではいくらでも想像し言うことはしますが、

実際の行動になると躊躇したり、動かないことがほとんどです。

頭では行動しないと思い、行動しない現実には

やることがめんどくさい

やるリスクがある

やっても見返りがない

などのいくつもの理由があるでしょう

簡単に言えば憧れではあるがあるいはそうなればいいがその必要はない

変わらなくても何とかなるという思い

これはこれで生き方ですよね

ただ誰が何と言おうと自分自身の素直な心までごまかすことはできません

本当に自分が目指すものは、今の自分はなりたい自分か

それを無視して目指す自分は見つかりません

思考を習慣化と書きましたが、自分を見つめること、深く内観することは何よりの仕事かもしれません。

今の社会どうしても他者比較をし良い悪いを判断する傾向にあります

経済活動や競争原理が働いている中でこれを完全否定はできませんが

それのみを続けると自分自身が疲弊します。

人生は自分探しと言いますが、思考を良くするには他から何かを持ってくるのではなく

自分の内面に目を向けてみる。そこにこそ答えになるヒントが隠されていると思います

毎日多くのスタッフが現場で働いています。

患者さん利用者さんを触る手は自分の今の思考の延長です

私は現場にいない分、ここの考え方は伝えていきたいと考えています

やり方ではなくあり方

大事にしたいポイントです。

ブラムスグループ求人はこちら

 

          次ページ>>