アロマトリートメントルーム
ブログ一覧

ホーム ≫ ブログ一覧

アロマの営業時間が長くなりました

2016.07.20 20:05

こんにちは。
Bloomの市原です。

梅雨が明け、暑い日が続いておりますね。

入眠時にオススメの精油といえばラベンダーが有名ですが、暑い夜にはペパーミントでスッキリと呼吸を落ち着かせるのも良いと思います。
ディフューザーでの芳香浴でしたら、ペパーミント2滴スイートオレンジ3滴をブレンドしてみてはいかがでしょうか?

Bloomでは、アロマを使った日常ケア方法もお伝えしております。

そして、お知らせが遅くなりましたが、アロマの平日の営業時間が長くなりました。

☆☆平日は、10時~20時☆☆

土日祝は、10時~15時までです。


※小島鍼灸整骨院は、12時~14時の間が休診時間になりますが、
 Bloom12時~14時間も、営業しております。

夜の時間は特に予約枠がすぐにいっぱいになりますので、お早めにご予約をお願い致します。

  予約受付 06-6857-3485 


アロマトリートメントを受ける際に、メニューの選択で迷われる方がありますが、
<アロマトリートメント>  30分 3,240円
<リフレクソクソロジー>  30分 3,240円
<アロマトリートメント>  60分 6480円 

と10分毎に1,080円になっておりますので、まずはお時間を決めていただきご予約ください。
当日お話しを伺いながら内容をご提案をさせていただくこともできます*

各メニュー10分毎の延長も可能ですので、アロマ90分やフェイシャルとの組み合わせされている方もあります。
どうぞお気軽にお問合せください。


ご予約お待ちしております。


リフレクソロジー

2016.06.26 16:56

こんにちは

今日は、リフレクソロジーのことについてお話します。

Bloomでは、アロマ30分で足全体のトリートメントと、30分のリフレクソロジーがあります。

「アロマとリフレはどう違いますか?」とよく訊かれます。


アロマ30分で足のトリートメントをする方は、特に足のむくみやダルさ、疲れ、冷え等を改善する目的で受けておられます。
施術部位は、足裏~太ももの前面と後面のアロマトリートメントになります。


そしてリフレクソロジーは、膝下~主に足裏中心の施術になります。

リフレクソロジーとは、反射療法や反射学と訳されることもあります。
その起源は、アメリカ人の医師であるウィリアム・フィッツジェラルドが、痛みのある患者さんがベッドに手や足を押し付けているのを見て、
医学的に研究をし、足裏と身体(内臓等)に繋がりがあるということを突き止めたことが始まりとされています。

その繋がりとは、足裏に全身が反射投影される場所(ゾーン)があるということで、これを『反射区』と呼びます。
例えば、親指が「頭部」であったり、土踏まずの内側が「胃」の反射区であったりします。

上の写真のようにそれぞれの反射区を親指や関節でゆっくりと刺激していくことで、疲労回復や体調の改善に繋がるという
自然療法です。

私がリフレを学校で習い始めたときは、「そんなん、ほんとかなぁ?」と反射区に対して半信半疑でした。
が、自分が不調の時にはちゃんと足裏に現れていることがとても多いです。そして、足裏をほぐして寝ると翌日には
スッキリとした体調の改善を感じることができます。
カウンセリングではお話しされなかったことも、施術をしている時に足の状態をお伝えすると「あー、そういえば。。。」と
最近不調に感じてたことを思い出されたりすることもあります。

疲労度合いの強い方は、たいてい足裏がかたーくなっています。足首も硬く、動きも良くないですね。
足首の動きが悪いと、けがをしやすかったり、足や腰に痛みが出やすくなります。

昔は裸足で歩いたり、乗り物にも乗らないことが多かったので、足や足裏に十分な刺激が与えられていましたが、
現代は、硬い靴を履いたり、乗り物に乗ったり、PCの前に座りっぱなしであったり、足を使うことが随分と減っていますね。

リフレクソロジーで足裏を刺激することで、
・身体全体が暖かくなったり
・むくみが改善されたり
・全身の疲労回復
・足の疲れが取れるなど 様々な変化が期待できます。

アロマトリートメントにリフレクソロジーを加えていただくとこで、より疲れが取れやすくなると思いますので、
一度 お試しください。

心のこもったプレゼント

2016.06.10 15:23

こんにちは。Bloom市原です。

梅雨入りしましたが、今日はお天気もよく、暑いくらいですね。

体調くずされていませんか?


ある患者様から手作りの写真立てをいただきました!

細かいラインストーンで「Bloom」と書かれています。

ロゴの部分はとっても細くて、時間がかかったと思います。

心がこもったプレゼント。本当に嬉しいです。


今日も明日もがんばろう^ ^












目の疲れにもおすすめアロマ

2016.05.12 12:34

5月に入り、紫外線も気になる季節となりました。
紫外線は、お肌だけではなく、目の疲れにも影響があるそうです。今日は、目の疲れや眼精疲労をアロマで緩和する方法をお伝えします。

院内でお渡ししている「アロマ通信」にも書くと、患者さんが興味を持たれていたので、ブログでもご紹介します。

長時間の作業などで、目の疲れを感じることがあると思いますが、しばらく目を休めて回復するような一時的なものから、
継続したり、また、ぶり返したりするような眼精疲労になると、なんらかの対処をしないといけななります。


最近は、視覚情報が多いと言われますね。PCやスマートフォン、タブレットなどで画面を見る機会(時間)が多くなっています。
聴覚や嗅覚など五感のうちほかの感覚も偏りなく刺激できるといいですが、目から入る情報量がどんどん増えてきているように思います。食べるものでも、味覚や嗅覚よりもパッケージに書かれた材料や賞味期限などを頼りにすることが多くなってるかもしれません。

単純に使いすぎによる疲労であっても、お仕事などで目を使う場合には「今日はお休み!目は使いません。」・・・とはいかないですね。けれども、そのまま放っておくと、肩コリや頭痛、吐気などにも繋がることもあります。

眼精疲労の原因は、目の使いすぎだけでなく、
病気が原因であったり、目の病気、メガネがあっていなかったり、ストレスが原因となることもあります。

長く続く場合や、いつもと違う状態であれば、専門の方にご相談ください。


アロマセラピーでは、嗅覚で香りを判断したり、アロマトリートメントでは、肌(触覚)へのアプローチもあり、
五感に刺激を与える療法でもあります。

疲れた時には、5分だけでも香りを用いて目のケアをしてみてくださいね。


<ラベンダーのアイケア>

準備するもの・・・洗面器、ラベンダー精油、お湯、フェイスタオル

①まず、洗面器に42度位のお湯を入れます。

②ラベンダーを1~2滴垂らしてください。

③タオルを絞ります。

④身体の力を抜いて、頭を空っぽにして、しばらく目の上に乗せてください。

目がスッキリすると思います。


ラベンダー精油有りと、香りなしのどちらも試してみましたが、疲れの取れ具合が全く違いました^ ^

どうぞ、お試しください。


市原でした

鍼灸とアロマとクッキーと

2016.04.10 17:48

こんにちは

Bloomの市原です。

今日は、最近癒されたもののお話です。。。


これは、鍼灸師の稲田先生が作ってくれた「クッキー」です(その1)

稲田先生は、お菓子を作るのがとても上手なんです。
チョコチャンククッキーとか、ケーキとか、ザッハトルテなんかもよく作って院に持ってきてくれます。

その腕前は、プロ並みで、鍼灸師だけではもったいないなぁ。。といつも思います。


いつも仕事の合間にいただくんですが、せっかくだったらハーブティと一緒にゆっくり食べれたらなぁ
と思いながらもりもり食べてます。


先日も、とーっても忙しい日があったのですが、「明日はアロマの予約がいっぱいで大変ですよー!」と前日にメールのお知らせが来て、
翌日に出勤したら、手作りクッキーが机に置いてありました 涙

優しいなぁ。
癒されるし、ココロ満たされました。


稲田先生には、「鍼」でもお世話になっております。(その2)

私は、今、歯の治療中なんですね。
その影響で、時々、首や腕が凝ってコチコチになっていることがあるんです。

トリートメントをする私が疲れていたら良くないですし、
身体の動きも硬くなってしまうので、出来るだけ早めにリセットしたいと思っています。

仕事が終わってから、稲田先生に「先生、この辺に鍼打って~」とお願いします。
私の話を聞いてもらい(問診)、脈を診てもらって(脈診)。。。。。
「やっぱりー!」ということと、自分で気がついてないことを教えてもらいます。
とても勉強になります。

稲田先生の手は、とても優しい軟らかい手です。
鍼治療を受けるとき、鍼灸師さんの手が打鍼するために肌をなぞっていく感じがとても心地よいので好きです。

ほんの短時間でも、トントンって打ってもらうと、軽くなってすごく楽になるんです。
特に翌日は、身体が少しずつ回復していくのがわかります。(回復の速度は人や状態によると思います)


私の鍼歴は、小学生の頃から始まります。
鼻炎がひどかった私は、父の治療に付き添って鍼灸院に行き鍼をしてもらっていました。
このころは、まさか将来アロマの仕事をするなんで思ってもみませんでした。

それからは、婦人科系の不調、胃腸の不調、つわりのときにも随分助けてもらいました。
今でも、小島鍼灸整骨院があることが私の安心材料になっています。

もうすぐ、Bloomのホームページをリニューアルするのですが、
稲田先生にも登場していただきますので、また覗いてくださいね。


そして、桜です(その3)

四季の中でも、行事としての一年の流れの中でも、やはり「木の芽時」というのは、
寒暖や気圧の差が激しかったり、新年度で生活に変化があったりと心身のバランスを崩しやすい時期であると思います。

けれども不思議と四月に入り桜が咲き始めると、雪解けするように心も身体もすこしずつ緩んでくるように感じます。
季節や人間のリズムやサイクルが面白いなぁと最近感じています。自然の流れに任せると良いのかもしれませんね。
冬も春もどちらも必要ということです。

今年は、大阪造幣局の八重桜を見に行きました。
普段なかなか一緒に過ごせないのですが、子供たちと3人で行きました。
今までは背が低くて人ごみの中では、桜をちゃんと見れなったのじゃないかと思います。

でも今では、(推定)173センチの私より大きくなって、よく見えているようでした 笑

帰り道には、たこ焼きやベビーカステラを食べながら桜ノ宮からゆっくりと戻ってきました。
久々のいいデートになりました^^

そして、香りのお守りアロマのロールオンです(その4)
今回はいつになくカモミールローマンを中心にブレンドしました。
穏やかな良い香りです。
呼吸を落ち着けたいときや、優しい気持ちになりたいときに、華やかな気持ちになりたいときに、
手首や鎖骨の辺りにコロコロ塗っています。

香りをお守りにするのはとってもおすすめですよ。

リフレッシュしたいときは、ローズマリーや柑橘の香りを
リラックスしたいときは、ラベンダーやお花の香りを
緊張を解きたいときは、ゼラニウム、ペパーミントもオススメです。

私は、ちょっと心細いなと思うときや、穏やかな気持ちになりたいときは、
ローズウッドやゼラニウムなどをブレンドします。


日常、忙しかったりアクシデントが起こると気持ちや身体のバランスが崩れることもありますね。
ストレスは、自律神経やホルモンのバランスに影響するので、体調にもひびきます。

私は、セラピーをする仕事なので、出来るだけいつもフラットに明るい気持ちで、体調も整えておきたいと思っています。
ですので、鍼やアロマやお花やクッキーや人に癒されながら日常を過ごしています。

アロマトリートメントを受ける方の理由は様々です。

不調や悩みがあっていらっしゃる方、10年後の予防の為に。。と通っておられる方、
体調不良に早めに気づきたいから受けておられる方と色々です。

アロマトリートメントを受けることで、その人らしさを取り戻す方もいらっしゃいます。
これってどういうことでしょう?笑 気になる方は、「アロマトリートメント習慣」を身につけてみてください。

私自身は、メンテナンスを大事にして、少しでもアロマでお役に立てるといいな。。と思いながら日々を過ごしております。


今、ホームページを作成するにあたり、色んな事を思い出したり、考えたりしています。
それで、ちょっと最近思うことを書いてみました。

  
2 3 4 5 6 7 8 9 10 11