アロマトリートメントルーム
ブログ一覧

ホーム ≫ ブログ一覧

妊娠中のアロマセラピー

2017.05.24 16:17

昨年くらいから、小島鍼灸整骨院は沢山のお子さん連れのママが治療を受けに来られるようになりました。Bloomのセラピスト市原です。施術の合間でタイミングが良ければ子守をさせてもらえるので、密かに抱っこできるタイミングを狙っています。可愛くて。。柔らかくて。。治療の終わったお母さんにお礼を言われるのですが、いつもこちらがお礼を言いたいくらいです。赤ちゃんのエネルギーってすごいですね。

子連れでも安心して来ていただけるようにとスタッフがキッズスペースを整えると、不思議と?ママがママを呼んで来られるようになったように思います。

私も子供が小さい時に整骨院に連れて行ってたので、とってもよくわかります。ママだってつらいんですよね。

それからお子さん連れのお母さんの中には、妊娠中の方もおられます。これまでも妊娠中の患者さんにアロマトリートメントを受けていただいていますが、HPやブログで案内をしていなかったので書かせていただくことにしました。

妊娠中にもアロマは役立ちます

妊娠や出産というのは人生の中でも一つの大きな出来事ですね。「人」の身体の中で「人」を育てていくのですから、当然、身体の変化も精神的な変化も起こります。その中で、つわりや腰痛、便秘やむくみなど様々な症状も出てくることもあります。精神的にも、不安やイライラや落ち込みを感じる方もあります。

アロマセラピーで軽減できることも多く、安全な形で取り入れていただけたらと思います。妊娠中のアロマセラピーについては、本やサイトも多く出ていますが、書いてあることが異なる場合もあり、妊婦さんが困っておられる話も聞きます。

精油については禁忌とされるものがありますが、基本的に適量で、通常の範囲で数回の芳香浴で重大なことが起こるとは考えにくいと思います。ですので、禁忌とされている香りを多少嗅がれたとしても、心配しないでくださいね。

トリートメントにおいても、精油の濃度や種類を選び、適切に行えば不快な症状を軽減することが可能です。

一番大切なことは、妊婦さんが安心してアロマセラピーやトリートメントを受けられることです。
なぜなら、お腹の赤ちゃんはお母さんの精神状態が伝わるだけでなく、酸素や栄養をもらっているのですから、お母さんが少しでも心も身体も心地よい状態でいることがとても大切だからです。

アロマトリートメントを受けられない時

ブルームでトリートメントを希望される方は、
かかりつけのお医者様に「アロマトリートメントを受けていいですか?」と聞いていただき、許可を得た上でお越しください。

☆つわりがある
☆お腹に張りがある
☆熱が出ている
☆出血がある
☆その他、医療機関で注意されていることがある

などの場合は受けていただけないことがありますので、お問合せください。

妊婦さんの悩み「むくみ」

妊婦さんの悩みとしては、むくみが多いですね。

妊娠中は、妊娠を継続させるホルモン「プロゲステロン(黄体ホルモン)」の分泌量が増えます。
プロゲステロンは、水分やナトリウムを体内に溜め込みやすくするので、むくみが出やすくなります。生理の前に身体がむくみやすくなるのもプロゲステロンの影響です。また、血液量も増加するために余計にむくみが強くなります。

また妊娠中は赤ちゃんが大きくなってきますので骨盤内も狭くなり、後期になってくると赤ちゃんが下に下がってくることで、
鼠径部も圧迫されやすくなるのもむくみの原因となります。

むくみの改善としてBloomでは、アロマフットやアロマ30分がオススメです。
妊娠の初期から中期には、オレンジなどのかんきつ類を濃度を低めにしてトリートメントに使います。
スイートオレンジ精油は、加温作用や体液の流れを促す作用があるといわれています。明るい気持ちにもしてくれる香りなので、
妊婦さんにお薦めします。中期頃からはゼラニウムも少し加えることもあります。

トリートメントを受けていただく姿勢は、月数や体調によりますので、その都度ご相談ください。

妊婦さんにお薦めのハーブティは

妊娠中に限ってはいませんが、バランスよく栄養を摂取することが大切です。
特に意識して摂りたい栄養素は、水溶性のビタミンB群に属する「葉酸」です。

葉酸は、代謝や造血に関わる栄養素です。
食べ物で言うと、ほうれん草やブロッコリーです。水溶性のビタミンは摂取量が多くても体外に排出されるので、多めに摂る事をお薦めします。細胞分裂が盛んな妊娠初期に葉酸を摂取することで、先天性の神経管閉鎖障害のリスクが軽減されるといわれています。(市町村によるそうですが、2002年以降 母子手帳に記載されているそうです。)

ハーブティであれば、「ネトル」です。
ネトルは、アレルギーを抑える作用があるために、花粉症の時期によく飲まれるハーブです。
他には、ビタミンCやカルシウム、鉄分、葉酸などの栄養価も豊富です。利尿作用も期待できますので、むくみの改善にも良いですね。

もう一つのお薦めは、ダンデライオン(タンポポポコーヒー)です。
たんぽぽのお茶は、葉を使うものもあります。こちらもおすすめではありますが、
根っこをローストした香ばしいタンポポコーヒーは、強肝作用があり肝臓の働きを整える役割が期待できます。
肝臓は、体内に入った有害物質や薬物を解毒・分解する役割があるため、妊娠中は特に大切にしたい場所でもあります。
カフェインを控えたい方は、コーヒーの代用として飲んでいただくと良いですね。

いずれにしても、ハーブティをサプリメントとして摂るのではなく、主に食べ物から栄養を摂って頂きその補助としてハーブティを楽しんでもらうことが大切です。

むくみだけでなく、静脈瘤の予防や便秘の改善、肩こりなどにもアロマトリートメントを役立ててください。
ご不明な点は、小島鍼灸整骨院までお問合せください。

植物成分の伝達ルート

2017.04.30 11:05

ゴールデンウィークが始まり、暖かくなり、ますます春らしくなりましたね。セラピストの高比良美奈子です。桜も終わりましたが、今年は、大阪城と京都の円山公園に行きました。どちらとも天気があまり良くなく曇り空でした。桜には青空が合うのに少し残念でした。天気は残念でしたが、大阪城ではソフトクリームを食べ、京都では抹茶パフェを食べて、花より団子といった感じで、楽しく過ごせました。

春は紫外線が強く外出すると、疲労度が増しますが、家に帰ってアロマでトリートメントケアをし、リラックスできました。私達は精油の香りによって、心が安らいだり、気分が高揚したり、トリートメントすることにより、疲労がやわらいだりします。心身をより良い状態に導いてくれるアロマテラピーです。その精油成分が私たちの身体にどのように働いているのか今回は3つのルートについてお話しさせていただきます。

 ①  嗅覚から脳へ伝達されるルート

精油の香りを嗅ぐ事と、芳香分子が鼻の鼻腔というところに入り、鼻腔にある嗅上皮を通ります。そして、芳香分子が嗅上皮にある嗅毛に受容されます。その情報が電気的信号となって大脳辺縁系の扁桃体や海馬、視床下部に届きます。そしてホルモン分泌や自律神経の司令塔である視床下部に刺激が伝わることで、体調や精神のバランスを整えるのに役立ちます。

②  呼吸器から伝達されるルート

お部屋でディフューザーやアロマ加湿器など芳香浴も色んな楽しみ方があります。深呼吸をする、フェイシャルスチームで吸入する時も同じルートです。呼吸すると精油の成分が肺に入ります。そして、肺胞という組織を通り血液に入ります。その血液循環によって精油の分子は体内をめぐります。最終的には尿や汗、呼気として体外へと排出されます。

③   皮膚から伝達されるルート

アロマトリートメントや手作りアロマコスメなどでお肌に使用した時のルートです。精油の成分はとても小さくて油に溶けやすいため、皮膚の表皮をおおう皮脂膜や角質層でできたバリアを通り抜けます。そして真皮にある血管やリンパ管まで入って体内をめぐります。アロマトリートメントで肩こりや冷え症がやわらぐのはこのルートです。

 アロマにはいろんな楽しみ方があります。是非日常の生活にも取り入れて、健康管理に役立ててくださいね。

アロマの歴史

2017.04.01 16:27

4月に入りました。春爛漫、桜の満開が待ち遠しいです。お別れや出会いの多い時期ですね。環境が変わりストレスも多い時期でもありますが、体調は崩されてませんか?ブルームの高比良美奈子です。

先日、春の選抜甲子園に応援に行って来ました。高校球児の熱い試合に感動しました。家に帰ると、すっかり日焼けしてました。春の日差しは強いので気をつけないといけないですね。

 では、前回の続きでアロマの歴史についてお話していきたいと思います。

 紀元後

イエス・キリストの生まれた際には、アロマテラピーでよく使うフランキンセンス(乳香)とミルラが登場します。東方の三賢人が黄金と共にこれらを捧げたという伝説があります。

フランキンセンス精油は深くゆっくりと呼吸できるようにする作用があり、喘息、気管支炎などの呼吸器のトラブルに良いです。美肌効果も期待できるので、私はよく手作りコスメのパックを作る時に入れたりします。少しレモンのようなフレッシュさもあり、澄んだ香りで落ち着きます。

そして、古代ローマ時代、ローマ帝国の軍医として働いていた医学者ディオスコリデス「マテリア・メディカ(薬物誌)」をまとめました。西洋医学の基礎を築いたと言われており、これには、600種の植物(薬草)などが記載されています。この本は数千年間に渡り、薬学の参考書として広く利用されてきました。

その他、博物学者プリニウスは、自然誌「博物誌」が有名です。そして、中国では漢の時代に薬物に関する事を「神農本草経」にまとめられています。この頃に植物に関する多くの書物がまとめられてたんですね。

 中世

アラビアに医師イブン・シーナが精油を抽出する方法、水蒸気蒸留法を確立しました。イブン・シーナはこの方法で芳香蒸留水を作り、治療にも応用します。その後著した医学書「医学典範(カノン)は、17世紀ごろまで西欧の医科大学で教科書として使われてました。香りの文化が急成長したのが中世ヨーロッパ時代です。その頃にこんな逸話があります。ハンガリー王妃が高齢となり手足が痛み始め、ハンガリアンウォーターを使ったところ、痛みが治り、肌も若返り、さらに隣国のポーランド王子が70歳過ぎの王妃に求婚されたと言われています。このウォーターを「若返りの水」として効能が語り継がれている有名な話があります。

「若返りの水」とも言われたハンガリアンウォーターの作り方をご紹介します。伝えられるレシピはたくさんありますが、ローズマリーを主体とした精油を使う作り方です。

 レシピ

ローズマリー精油 10滴

ベルガモット精油 3滴

レモン 3滴

無水であるアルコール 5ml.

精製水 95ml.

 

作り方

①    遮光ガラス瓶に無水であるアルコールを入れ、精油を加えて混ぜる。

②    精製水を加えてさらによく混ぜる。

 

※使う前によく振って使ってください。

※冷蔵庫で保存し2週間を目安に使い切ってください。

※柑橘系の精油には光毒性がありますので、肌につけた後は日光や紫外線を避けてください。
(紫外線に当たると赤くなったりする場合があります。夜などの使用をお薦めします。)

 

16世紀以降、イタリアのフェミニスがドイツにあるケルンへ移住し、そこで最も古いの香水と呼ばれる「オーアドミラブル」が販売されました。

1931年には、フランス人化学者ルネンモーリス・ガットフォセにより「アロマテラピー(芳香療法)」という言葉をつくりました。ガットフォセは研究中に火傷を負いましたが、ラベンダー精油を手に浸けたところ火傷は回復して、跡形もなく元に戻ったことに驚いていたそうです。この経験から、精油とその効能の研究に夢中になったそうです。

私の自宅にもラベンダー精油はいつも常備しています。ラベンダー精油は万能選手です。リラックスしたい時や安眠したい時はディフューザーでお部屋を香らしたり、頭痛の時、筋肉痛の時などトリートメントをしたりこれからの季節は日焼け後のケアなどにも活躍しています。

ここで、日焼け後にほてった肌を鎮静するローションの作り方をご紹介します。

レシピ

ラベンダー精油  5滴

グリセリン    5ml.

精製水     45ml.

 

作り方

①    遮光ガラス瓶にグリセリンを入れ、に精油を加えて混ぜます。

②    精製水を加えてさらによく混ぜます。

 

※使う前によく振って使ってください。

※冷蔵庫で保存し2週間を目安に使い切ってください。

私はいつも、スプレー容器に入れて、日焼け後は全身にスプレーして使っています。

 

アロマの歴史をさかのぼってお話ししましたが、アロマテラピーが確立するずっと以前から、芳香植物は人々の生活に使われてきたんですね。現在でも認知症の予防などさまざまなところで活躍しています。これからもアロマの発展には目が離せないですね。

 

 

 

Bloomのフェイシャルとは?②<お肌の乾燥と体の関係>

2017.03.26 02:24

以前から気になっていた講座があり、先月からハーブのスクールに通い始めました。
Bloomのセラピスト市原です。

アロマテラピーは植物療法の一種ですが、アロマセラピー(=香り療法)だけでなく広くハーブ(薬用植物)の特性や活用の仕方を学びたいと思っていました。講座のカリキュラムの中には、女性の健康や予防についての授業もあるのでそれも受講する大きなきっかけになりました。ハーブもアロマ(精油)のように活用方法は多くありますが、一番手軽な方法のハーブティを飲むことで主に消化器から吸収するような取り入れ方と、アロマテラピーのように嗅覚を刺激するという違いがあり、同じ植物でさえ、それぞれ別の経路からのアプローチできることがとても魅力に感じます。


エッセンシャルオイルと同様、ハーブもブレンドすると飲みやすくなります

さて、2月のアロマフェイシャルキャンペーも沢山利用していただきましたが、きっかけ(悩み)は患者様やお客さまによって様々でした。具体的には、肌色が良くなりたい、目の疲れを改善させたい、しわを薄くしたい、乾燥が気になる、むくみ、肩こり、首こり。。。等々があります。


前回の「ブルームのアロマフェイシャルとは1」でもお話ししましたが、顔の筋肉と身体の筋肉は繋がっているので、顔のトリートメント(フェイシャル)を受けることで身体も緩み、また身体のトリートメント(アロマボディ)でお顔の悩みが改善することがあります。

アロマフェイシャルをおススメするケース

ホームページの施術コンセプトのページでもご案内していますが、ブルームでは患者様やお客様に合った施術内容をご提案させていただいています。これは「メニューで施術を選んでいただく」というよりは、「問題(悩み)を解決するために施術時間をお取りいただく」という方がわかりやすいかと思います。

 予約される時に直接お話ができるタイミングであれば、どんな状態かどこを改善されたいかということを聞かせていただくこともあります。

例えば

「足のだるさとパソコン疲れがあるけれど施術を受ける時間があまりない」という方には、
 アロマ40分をお薦めします
  《アロマ30分で、脚の後面(足裏・ふくらはぎ・太ももの裏側)と背面の肩甲骨周辺をほぐし、10分延長していただいた中で頭や首周りも緩めていきます。》

また

「ストレスが強く冷えやだるさがあってじっくりと受けたい」という方には
  フェイシャル30分+アロマ60分がお薦めです。
  《フェイシャルで頭や顔の緊張を緩めながら、脳を鎮静することでストレスを和らげ、アロマ60分で全身の流れを良くして冷え、ダルさや疲労感を改善します。》

また、患者様やお客様がご自分でメニューを決めて予約された場合には、カウンセリング時にどの箇所を中心に施術をしていくかを相談の上トリートメントをしています。

 

「きれい」とはどんなことでしょう?

カウンセリング時に「きれいになりたい」と言われる方もあります。
ここでいう「きれい」というのは健康なお肌のことを指しておられると思います。

美しいお肌の条件としてよく知られているのは、「う・な・は・だ・け・つ」=「うるおい・なめらかさ・張り・弾力・血色・つや」です。顔色が良く、しっとり、すべすべしている感じですね。

血行不良、目の疲れ、しわ、乾燥、肩こり、首こり等どの悩みにも言えることですが、気になる部分だけケアしても中々改善は難しいです。肝心なことは、「体調を整えること」です。
「肌の乾燥も体調を整えないといけないの?」と思われるかもしれませんので、「乾燥」を例にお話しします。

 

お肌の乾燥と体の関係

ほおっておくとシワやたるみやくすみなどを引き起こす「お肌の乾燥」には外的要因と内的要因があります。

外的な要因は:冬の感想や冷たい風、また通年エアコンがかかっている室内にいることもあると思います。

内的な要因は:ストレスや睡眠不足、冷えや生活習慣などが関わってきます。

ストレスを感じている時や睡眠不足の時は脳の興奮状態が続いていますので、交感神経が優位な状態になりやすく自律神経のバランスが乱れがちになります。自律神経は、末梢の血管の収縮や血圧の調整にも関わるので交感神経が優位な状態が長引くことで血行不良や冷えを引き起こします。血行が悪くなると体中に酸素と栄養が十分に運ばれなくなるため、代謝が悪くなってきます。そうするとお肌の新陳代謝(ターンオーバー)も低下し、健康な皮膚を保てなくなってきます。


健康な皮膚はバリア機能という外部の刺激から守ったり、必要な水分を保持してお肌を保護してくれる機能がはたらいています。新陳代謝が低下するとこのバリア機能もダメージを受け、同時に水分保持力も低下してしまうというわけです。もちろん適度なスキンケアをすることは大切ですが、体調を整えることが肌の乾燥さえも防ぐことになってくるのです。

 

ですので、アロマトリートメントに来られる方には、フェイシャルを希望されている時にアロマボディをお薦めすることもあります。(もちろんご本人が納得された上で受けられます。)

 

フェイシャルに精油(アロマ)を使うメリットは?

そして、もう一つ重要なことは精油(エッセンシャルオイル)を使うことです。

精油は医薬品ではありませんが、植物の穏やかな薬理作用があります。ブルームではPRIMAVERAの精油を使用していますが、フェイシャルにはラベンダーやローズゼラニウム、ローズマリーなどから選んでいただいています。

精油をフェイシャルに使用する場合には、お肌と心理面の両面に働きかけます。
それぞれの精油によって特徴がことなりますが、

 ※※お肌へ働きかける作用※※
   鎮静、血行促進、炎症を鎮める、新陳代謝を上げる、皮脂バランスの調整するなどが期待できます。

 ※※心理面に働きかける作用※※
   リラックス(鎮静)、リフレッシュ(高揚)、自律神経調整、ホルモンバランスを整えるなどが期待できます。

 そして、精油の働きにトリートメントの手技が加わり、血流やむくみの改善、頭皮の緊張緩和、肩こり・首こりの改善などに繋がっていきます。

私自身は、介護施設でもフェイシャルトリートメントをしていますが、フェイシャルはとても人気があり、お顔色も良くなり気分も明るくなられる方が沢山いらっしゃいます。その姿を拝見しているとアロマフェイシャルで本当に様々な効果が現れることがわかります。

Bloomでもまだまだ沢山のフェイシャルの可能性を発見できるのではないかと思っています。 

最後まで読んでいただき有難うございました。市原でした。












アロマテラピーの歴史

2017.03.14 17:05

アロマテラピーの歴史

3月に入り暖かい日も多くなり、春が待ち遠しくなってきました。植物も芽吹き出しわくわくしてくる季節ですね。先日、大阪城の梅園に行って来ましたが、梅はそろそろ終わりでした。ブルームの高比良美奈子です。

花粉の飛び交う時期でもありますね。花粉症などの不快な症状には、アロマが大活躍します。私は外出先で咳が出て辛いときは、ティッシュを小さく折ってティトリー精油を1滴垂らし、マスクの内側に入れると気分もスッキリと快適に過ごせました。
※ティッシュにつけた精油が皮膚に付かないようにしてください。
ブルームで使用している精油についてはこちらもご覧ください。

 今日は、香りを利用した自然療法の歴史をさかのぼってお話していきたいと思います。
人は紀元前のはるか昔から芳香物質を日常生活の中で役立ててきました。古くから、芳香植物の持つ様々な効能を知っていたという事ですね。

 

♦紀元前♦

アロマテラピーの歴史は古代エジプト時代までさかのぼります。
古代エジプトでは神に祈りを捧げるために薫香を用いていました。エジプトといえばミイラが有名ですが、ミイラづくりの際にも腐敗を防ぐために殺菌作用のあるシダーウッド、ミルラの芳香成分を含む植物を使っていました。有名な話では、絶世の美女と言われたクレオパトラはバラの花びらを浮かべて入浴を楽しんだり、バラの香油を使ったと言われています。
また、紀元前1000年頃にインドの伝統療法アーユルヴェーダの書物「リグ・ヴェーダ」には約1000種以上ある薬用の植物がまとめられています。
古代ギリシャ時代には、「医学の父」として有名なヒポクラテスは芳香植物を伝染病の予防をしたり、治療する事をはじめ、入浴やマッサージにも取り入れるようにすすめています。それらは「ヒポクラテス全集」にまとめています。またテオフラストスは植物を分類して植物の香りの使い方などの研究を「植物誌」にまとめました。
ここでクレオパトラも使ったと言われているバラの香油の作り方をご紹介したいと思います。

華やかな香りのローズの香油

 レシピ

ローズ精油   6敵

植物油(ホホバオイル、スイートアーモンドオイル等)  30ml

 作り方

①    オイルに精油を加えよく混ぜる。

②    遮光ガラス容器に入れる。

手首や、胸元などに少量塗る。

※冷暗所で1か月保存できます。
ローズは精油の女王と言われています。女性に良い作用がたくさんあります。PMS、月経不順、更年期の症状をやわらげます。


是非、日常の生活にアロマを取り入れて、快適に過ごしてください。取り入れ方などわからない場合はアドバイスさせていただきますのでお気軽にお越しくださいね。

  
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10