尼崎市の鍼灸整骨院・肩こり腰痛・整体・交通事故対応

身体のことでお困りなら私たちにおまかせください。

急性腰痛(ぎっくり腰)の対処法

2015.09.30 10:00

こんにちは。内田です。


前回のブログでシルバーウィークに急性腰痛の患者さまが多く来られたと話をしましたが、祝日に診療している所を探して杭瀬や大物など少し遠くから来ていただきました。

このブログを見てくれた方の中には近くに日曜日や祝日に診療している所がない方もいらっしゃると思います。

その様な方に急性腰痛(ぎっくり腰)の対処法をお伝えしたいと思います。


皆さまは急に腰が痛くなって動けなくなった経験はありませんか?私は18歳の時に一度経験しました。

ベットで寝ながら本を読んでいて、少し身体を無理な体勢で動かした時に「グキッ」と変な音がなった様な気がしました。

その瞬間から少しでも身体を動かすと腰のあたりが痛くて動けません。

その当時はぎっくり腰がどのようなものなのか全く知らず、3日間何もせずに寝ていただけだと思います。

幸いにしてそれから20年以上その様な症状は出ていませんが、同じような痛みを発症する患者さまが当院に来られます。


急性腰痛(ぎっくり腰)といっても症状も原因も様々です。

私は急性腰痛(ぎっくり腰)は大きく分けて3タイプあると思っています。

①腰の骨の関節に不具合を起こす。 ②腰や骨盤周辺の筋肉の不具合 ③骨盤の捻挫

この3タイプで大体の急性腰痛は分類できます。


①か②の場合の対処法としてはまずは力が入らない姿勢をとり(横向きが楽な事が多いです)痛みを感じる所を氷で冷やす事です。

氷といってもそのままでは低温やけどを起こしてしまうのでビニール袋など水が漏れない容器に氷を入れてその上から布などを巻いて10分~15分冷やして下さい。

当院ではこの様なもので冷やしております。

アイスパックとアイスパックを入れる為の布です。



③は固定が必要になります。このタイプの特徴として動いたら痛みを強く感じるが、触ってもあまり痛くありません。

コルセットなどをお持ちの方は骨盤の真ん中の位置で巻いて下さいね。

急な腰痛が少しでも楽になるように願っております。

アフターケアが一番大事ですので動けるようになりましたら院でおまちしております。


日曜日の過ごし方

2015.09.26 22:01

こんにちは。内田です。

シルバーウィークは沢山のご来院ありがとうございました。

ぎっくり腰で来院される方が多かったですね。何故か季節の変わり目はぎっくり腰や寝違えが多いです。

皆さまもお気をつけて下さい。


今日は日曜日、私には貴重な休みでも子供たちには退屈なようです。

何とかして外に連れ出し体力を削らなけばなりません。

ずっと家にいると姉妹喧嘩をしたり、部屋を散らかしたり、夜更かしをしたり・・・悪いです。

なので楽しく疲れさせるように頑張りました。


先ずは実家まで車ではなく電車で行きました。

電車と聞いて娘1号は嫌な顔をしていましたが、娘2号は何故か大喜び。

対照的な二人です。

そして大阪で途中下車し昼ごはん。「疲れた」を連発する娘1号のテンションを上げるためラーメンにしました。

好きなご飯を食べると一時的に元気になる娘1号。誰に似たのでしょうか・・・


車だと30分で着く実家までの道のりが電車だと1時間以上かかります。

目を離すとすぐにどっかに行ってしまう娘2を引っ張りながらなんとか実家に着きました。

しかし今日は実家でゆっくりする事が目的ではありません。

私が子供の頃よく行った公園に行きたかったのです。

こんな無料動物園があったり↘

こんな大きな滑り台がある公園です。この滑り台は40年前もありました。

暗くなるまで公園で遊び。帰りに銭湯へ。

さすがに疲れたのか帰りの車の中ではすぐ寝ていました。

明日からはまた気合いを入れ直し患者さまを一日でも早く治すために頑張ります。

初めまして。受付紹介です。

2015.09.21 12:36

皆さんこんにちは。

 

8月30日に初孫が誕生しておばあちゃんになった

受付の後藤田です。

 

お宮参りまで我が家に居ます。私は可愛い孫の沐浴担当。

普段使わない筋肉を使っているのか・・・

背中がパンパンに!!

 

でも大丈夫!こんな時には、ひまわり整骨院にお任せ!!

背中の筋をマッサージしてもらってとってもラクになりました。

いつまでも元気でいたいですよね。

 

皆様も身体に違和感が出た時は是非一度お試しを!

スタッフ一同.ご来院お待ちしておりますm(_ _)m

スポーツと整体

2015.09.13 22:42

こんにちは。尼崎院の内田です。

この間夏休みを頂いたと思ったらもう秋の気配。寝るときのクーラーもいらなくなりましたね。

今日は月一回の勉強会に行ってまいりました。

今年で2年目の勉強会ですがなかなか上達せず、悔しい思いもしますが人の身体に対して沢山の気付きが得られます。

あと何年行くことになるかわからないですが尼崎院に来ていただく患者さまに還元できる日まで頑張ります。


さて、今日はそんな勉強会で得られた気付きを少し話させて下さい。

学生の時や休日にスポーツを楽しんでおられる方も多いでしょう。当院にもそのような患者さまが沢山こられます。

一番多いのはゴルフでしょうか?激しいスポーツではありませんが全身どこにでも痛みが出る可能性のあるスポーツです。

ゴルフは道具がありますので野球と違って右で打ったり左で打ったりは出来ません。同じような動作を練習を含めると週に何百回と行います。

そうするとどうなるでしょうか?関節が動く範囲が左右で違ってきます。

酷使され固くなる筋肉と伸ばされすぎて緩くなる筋肉や関節。どちらも身体のバランスを考えると良くはありません。


どうやって自分の身体のバランスが崩れていくのを知ることが出来るのでしょうか?

それを自分で気づくことが出来るのは毎日身体と向き合って、少しの身体の変化にも気づこうとしている人だけです。

でも自分では気づけなくても他人の感覚を使えば簡単に歪んでいるのがわかるのです。


関節には動く範囲があります。個人差がありますが大体決まっています。

人に関節を動かしてもらうと動きが止まる間際に緩く止まるか、カチッと止まるかの違いが出ます。

カチッと止まる方の関節を緩める施術をすれば驚くほど身体のバランスが良くなります。

施術方法はマッサージでもストレッチでもカイロプラクティックでもなんでも良いと思います。


スポーツで最近調子が悪い。又は50肩などで片方の関節が動きにくいと感じられる方。

一度当院で検査してみて下さい。きっと良いアドバイスが出来ると思います。

0664010855